“小屋”をテーマにした新しい暮らしの見本市「小屋展示場」が10月4日~14日に虎ノ門で開催される。

「小屋展示場」は、「住宅展示場」と同じように、小屋のある暮らしに触れることができる催し。住宅の原型である“小屋”を通じて、自分らしい暮らし、自由な家づくりについて考える機会を提供する。日本初となる今回の展示では、14組の建築家、工務店やクリエイターが腕によりをかけて建てた小屋が展示される。

展示予定の小屋の中で、えんウチ編集部が注目したのは3軒。その1軒目は「一畳ハウス」だ。これは、キャンプやピクニックに持っていける小屋。海や山で、テントなどとはちょっと違う「小屋感」を楽しめる。家の中に設置して、書斎やベッドとして使うことも可能だ。

「一畳ハウス」完成予想スケッチ  実物を見てみたいぞ!
「一畳ハウス」完成予想スケッチ
実物を見てみたいぞ!

2軒目は、カナダから来た組み立て式の木の小屋「ボートハウス」。本格的な作りであるにもかかわらず、パネル式で組立は簡単なのだそう。外装は無垢のレッドシダー材なので、庭にもしっくりなじむそうだ。

てかこれ、“おしゃれなバー”だよね?  もはや“小屋”の域を超えてるよね?
てかこれ、“おしゃれなバー”だよね?
もはや“小屋”の域を超えてるよね?

3軒目は、「In&Out&Go(号)」。世にはトイレに書籍を持ち込み、「おトイレ書斎」を作っているお父さんも多いと聞く。「In&Out&Go(号)」はそれを本格化させた小屋。トイレであり、書斎であり、オフィスでもあり……でも、やっぱりこれトイレだよね、という構造を持つもの。友だちの家の庭にこれがあって、「お父さんの書斎だよ」って言われたら、すごい!って思うと同時に、ちょっと哀しくもなるような…。そんな、不思議な気分にさせてくれる作品だ。

これも実物がみたいな~。
これも実物がみたいな~。

開催期間中はキッチンカーがやってきて、日替わりで様々なランチを提供。パパガヤデリやナルモンタイなど、かなりとんがったメニューを楽しめる。こちらの注目は、鹿猪バーガー「マタギナルド」。

ジビエだぜい!
ジビエだぜい!

「小屋展示場」の開催日は、2014年10月4日から13日。開催時間は11時から17時まで。場所は虎ノ門ヒルズそばの複数会場だが、メイン会場は西新橋2丁目11-4(南桜公園脇)となっている。

帰りは虎ノ門ヒルズに寄って、あれと、あれを買って……。
帰りは虎ノ門ヒルズに寄って、あれと、あれを買って……。