「メガネで恋人同士の愛を深められないか?」

キス眼鏡」はそんな妄想から生まれたメガネ。表参道のメガネショップ「ブリンク・ベース」が本気で作りました。


「キス眼鏡」は、他のメガネには無い独自のデザインを持つメガネ。カップルが向かい合ってかけられるだけでなく、かけると自然にキスしてしまう形にデザインされています。ブリンク・ベースでは「キス眼鏡」について真剣に考え、構想から完成まで2年を費やしたのだとか。

構想から完成まで2年!
構想から完成まで2年!

その「キス眼鏡」を入手できる受注会が、10月8日ついにスタート。購入者とその恋人の顔のサイズにあわせ、鯖江の職人が一本ずつ丁寧に製作してくれます。受注会の会場には、恋人と2人で向かいましょう!

恋人と別れたら、二度と使えないメガネとなりますけどね…
恋人と別れたら、二度と使えないメガネとなりますけどね…

「ブリンク・ベース」では、「サードアイ・ギア」の受注も同時にスタート。これは、新たな知覚器官と呼ばれる第三の目「サードアイ」を守るためのサングラス。サードアイが開いてしまい、いろいろなものが見え過ぎて困っている人向けに開発されました。こちらも完全受注生産です。

サードアイが開いている人、何人くらいいるのでしょうか?
サードアイが開いている人、何人くらいいるのでしょうか?

受注会は2014年10月8日から22日まで開催されます。価格は「キス眼鏡」が6万8,000円で、「サードアイ・ギア」が8万円。受注会の会場となるブリンク・ベースの営業時間や定休日などについて詳細は、「ブリンク・ベース」の Web サイトを参照してください。