良品計画から、円柱形の全周囲フィルターを採用した「空気清浄機 MJ-AP1」が10月29日に発売される。価格は3万9,000円(税込)。

どんな空間にもなじむシンプルなデザイン
どんな空間にもなじむシンプルなデザイン

同製品は家電メーカー・バルミューダと共同で開発された空気清浄機。「デュアルカウンターファン」と「360°集塵脱臭フィルター」の2つのファンが搭載されており、循環気流を生み出して PM2.5 や花粉などの浮遊物質をすばやく集塵・脱臭する。

循環気流により、部屋全体の空気を繰り返しフィルターに通過させる
循環気流により、部屋全体の空気を繰り返しフィルターに通過させる

また、自動で空気清浄を行う「AUTO モード」とすばやく空気清浄を行う「ジェットクリーニングモード」をシーンに応じて設定できる。

シーンに応じて2つのモードを切り替え可能
シーンに応じて2つのモードを切り替え可能

 
本体のサイズは直径25×高さ49.8cm、重さは約6kg(フィルター含む)。適用床面積の目安は30畳(49平方メートル)まで。フィルター交換の目安は約1年。

なお、11月28日より中国でも販売される予定。

ほこりが舞いやすいキッズルームにも
ほこりが舞いやすいキッズルームにも