えんぴつ型のランプ「HB Lamp Mini」は、自立可能なデスクランプ。えんぴつで書いた線のように見える部分の一部がスタンドになっていて、机の上に置いてもしっかり安定します。


「HB Lamp Mini」の特徴は、えんぴつの芯先から伸びる長い電源コード。これは消しゴムの位置(?)にあるランプに電力を供給するだけでなく、「机や壁に落書きをして遊ぶ」という役目も担っています。フックなどで壁などにコードを固定すれば、誰かがえんぴつで落書きをしたように見えますよ。

犯人は、左のヒゲの男です
犯人は、左のヒゲの男です

「HB Lamp Mini」は、通常のランプとしての利用ももちろん可能。ランプが取り付けられた場所の高さは40センチほどで、通常のデスクランプとほぼ同じ。机上で仕事や勉強をするのにぴったりの高さとなっています。

軸の材料には、一般的なえんぴつと同じシダー材を樹脂加工をしたものを使用。握ったときの感触を本物のえんぴつに近づけています。

太すぎて、握れませんけど……。
太すぎて、握れませんけど……。

えんぴつ型ランプには、ルームランプバージョンの「HB Lamp」もあります。こちらは高さ1メートル65センチと部屋中を照らすのにぴったりのサイズ。10メートルのコードが付属しているので、「HB Lamp Mini」以上に落書き(?)を楽しむことができます。

ルームランプバージョンの「HB Lamp」
ルームランプバージョンの「HB Lamp」

やはり、落書き(?)して遊べます
やはり、落書き(?)して遊べます

ベッドルームに置けば、ぐっと知的な雰囲気に?
ベッドルームに置けば、ぐっと知的な雰囲気に?

こんなパッケージで送られてきます
こんなパッケージで送られてきます

「HB Lamp Mini」は近日発売予定。「HB Lamp」は既に発売されており、価格は988英ポンド(約18万円)です。

よいしょっ、と
よいしょっ、と