トーヨーキッチンスタイルが主催する「妖しのインテリア」展が、12月12日~14日の3日間、スパイラルガーデン(東京・南青山)で開催される。

「妖しのインテリア」展、今年も開催
「妖しのインテリア」展、今年も開催

同イベントでは、シンプル主義のミニマルからデコラティブへと移行しつつあるインテリアのトレンドを反映し、フランスのインテリアブランド「FREDERIQUE MORREL(フレデリック・モレル)」とレバノンの「BOKJA(ボクジャ)」の2組に加え、フランスのプロダクトカンパニー「ibride(イブリッド)」などの作品が展示される。

アバンギャルドなインテリアブランド「FREDERIQUE MORREL」
アバンギャルドなインテリアブランド「FREDERIQUE MORREL」

クラフトマンシップ溢れる「BOKJA」
クラフトマンシップ溢れる「BOKJA」

ファンタジックな世界観で人気の「ibride」
ファンタジックな世界観で人気の「ibride」

展示品は、国際家具見本市「ミラノサローネ」で今年発表された新作をはじめ、今回の展覧会のために用意されたもの。トーヨーキッチンスタイルが提案する独自の世界感のインスタレーションとともに演出されるそうだ。

独自のインスタレーションで展示(※画像は昨年の展覧会)
独自のインスタレーションで展示(※画像は昨年の展覧会)

イベント開催期間は12月12日~12月14日。開館時間は11時~20時。入場無料。会場所在地は、東京都港区南青山5-6-23 スパイラルガーデン1F。

作家の心の内面やメッセージがストレートに表現された作品たちを通じて、最新インテリアの世界を肌で感じる貴重な機会となりそうだ。