まだまだ寒い日が続きますが、花屋ではチューリップやスイートピーなどの春の花を見かけるようになってきました。ひと足先に春が来たようで思わず部屋に飾りたくなります。

イタリア在住のデザイナー Tania da Cruz さんが手がけた「Wig Vase」は、そんな新しい季節のフラワーアレンジをもっと楽しめそうな花瓶。ヘッドマネキンのような形状ですが頭頂部に髪の毛はなく、代わりに花を活けるための穴がたくさん開いています。

ただ飾るだけじゃつまらないよね!
ただ飾るだけじゃつまらないよね!

花瓶自体は表情のないシンプルなデザインなので、アレンジメント次第で様々なテイストのヘアメイク(?)が演出できます。植物を使うことでインテリアにも溶け込みやすく、ゲストとの会話も弾みそう。

バラのモヒカンでパンキッシュに
バラのモヒカンでパンキッシュに

こんな感じの人、たまに見かけます
こんな感じの人、たまに見かけます

芸術は爆発?
芸術は爆発?

ラインナップは、マット加工を施した「マットホワイト/ブラック」とツヤ加工を施した「グロッシーホワイト」の3種類。おおよそのサイズは15×22×39cm で、陶器製のハンドメイドとのこと。「idilli」などのオンラインショップで販売されており、価格はいずれも280ユーロ(約4万円)です。

好みのヘッドが選べます
好みのヘッドが選べます