デイリーポータル Z でべつやくれいさんが作った「ネコになれる手袋」が製品化された。

べつやくれいさんプロデュース「ネコになれる手袋」
べつやくれいさんプロデュース「ネコになれる手袋」

べつやくさんによれば、この手袋の最大の特徴は「ネコに少しなれる」点。オンデマンドで指が少しだけ出せるのが、意外と便利だという。

手袋をはめ、手首の部分を引くと
手袋をはめ、手首の部分を引くと

ツメ(指)が“にゅう”っとでる
ツメ(指)が“にゅう”っとでる

べつやくれいさんによる「ネコになれる手袋」コンセプトの解説画像
べつやくれいさんによる「ネコになれる手袋」コンセプトの解説画像

たとえば、駅の券売機を使用する場合、手袋をしたままだとタッチパネルを操作できない。だが、この手袋をして「ネコに一歩近づいた」状態であれば、先端からツメ(実は指)をだして、希望の金額をタッチできてしまうのだ。

スマートフォンだって操作できる!
スマートフォンだって操作できる!

この「ネコかっこいい」手袋は、アパレルブランド立ち上げサイト「STARted(スターテッド)」で購入可能。価格は2,980円(税込)。

「このお手々にちょうどいい手袋ください。」
「このお手々にちょうどいい手袋ください。」

(画像はすべて、「STARted(スターテッド)」内の「ネコになれる手袋」販売サイトから)