普段、書店で何気なくかけてもらっている紙のブックカバー。“本屋さんの顔”でありながらも、本のほうに夢中になってしまいあまり意識することはないかもしれません。でも、広げてよく見てみると魅力的なデザインがたくさんあるんです。

世の中の書店の数だけブックカバーがあります
世の中の書店の数だけブックカバーがあります

トーハンが運営するオンライン書店「e-hon」では、「第2回 e-hon 加盟書店ブックカバーコンテスト」を2月20日まで開催中。e-hon の書店受取サービスに加盟している書店の中から、1番人気のあるブックカバーを投票で決めようという企画です。
 
エントリー書店は北海道から九州まで38店。投票の参加特典として、1位に選ばれた書店の投票者全員にそのカバーの“プレミアム版”がプレゼントされるほか、コンテスト上位10書店のブックカバーも抽選で50名にプレゼントされるそう。なお投票は e-hon 会員のみ参加可能です(会員登録は無料)。

気になった書店のカバーがもらえるかも!
気になった書店のカバーがもらえるかも!

ちなみに昨年行われた第1回コンテストでは、1位「ブックポート203 緑園店」、2位「長崎書店」、3位「八重洲ブックセンター」という結果になったそうです。

横浜のイメージを盛り込んだ「ブックポート203 緑園店」
横浜のイメージを盛り込んだ「ブックポート203 緑園店」

 
コーヒーを片手に読みたくなる「長崎書店」
コーヒーを片手に読みたくなる「長崎書店」

 
これは持ってる!華やかな「八重洲ブックセンター」
これは持ってる!華やかな「八重洲ブックセンター」

自前のブックカバーを使う人も多いかと思いますが、こんな素敵なカバーだったら読み終わってもずっと使いたくなりそう。読書好きの人は、行きつけの書店やお気に入りのカバーを応援してみては?

※画像の出典はすべて e-hon 公式サイト