奇譚クラブのカプセルトイシリーズ『コップのフチ子』と、芸術家・岡本太郎氏のコラボアイテム「コップのフチの太陽の塔」が2月25日に発売される。価格は1回400円。

ふぅ、よいしょっと…
ふぅ、よいしょっと…

マンガ家・タナカカツキ氏との共同開発によるコップのフチ子シリーズは、OL 風の女性「フチ子」をコップの“ふち”にのせて楽しむフィギュア。現在までにシリーズ累計700万個以上を販売するヒットアイテムだ。

これまでにも「ハローキティ」や「ふなっしー」といった人気キャラクターとコラボしてきたが、今回の第6弾ではフチ子さんに代わり岡本太郎氏の代表作「太陽の塔」がコップのふちに降臨。いびつにねじまがった“新造形”の太陽の塔が楽しめるそうだ。

ラインナップは、「ひっかかり太陽の塔」「乗り越え太陽の塔」「腰かけ太陽の塔」「ふりむき太陽の塔」「逆さひっかかり太陽の塔」「コップのフチの太郎」、そして「シークレット」の全7種。サイズは約50mm。

ちょっと休憩…
ちょっと休憩…

 
若かりし太郎さんも!
若かりし太郎さんも!

なお一般発売に先がけ、2月11日より「岡本太郎記念館」(東京・青山)で先行販売される予定。

(c)岡本太郎、(c)タナカカツキ/KITAN CLUB