不動産・住宅情報サイト「HOME'S」は、東京都民に対し好きな商店街に関するアンケート調査を実施。その結果を「東京都民が選ぶ好きな商店街ランキング」として発表した。

東京都民の好きな商店街は?/イラスト:よしもとなな氏  (「HOME'S」Web サイトより)
東京都民の好きな商店街は?/イラスト:よしもとなな氏
(「HOME'S」Web サイトより)

■東京都民が選ぶ好きな商店街ランキング

東京都民360人を対象に「好きな商店街」について尋ねた結果、「人気の街」で上位ランクインしている吉祥寺や高円寺などの街の商店街が多く選ばれる結果となった。

東京都民が選ぶ好きな商店街ランキング上位20位は次の通り。

第1位 吉祥寺サンロード 68票
第2位 アメヤ横丁 66票
第3位 戸越銀座商店街 64票
第4位 吉祥寺ダイヤ街 43票
第4位 中野ブロードウェイ 43票
第6位 築地場外市場 38票
第7位 武蔵小山商店街PALM(パルム) 36票
第8位 巣鴨地蔵通り商店街 34票 
第9位 砂町銀座商店街 32票
第10位 高円寺商店街(パル商店街/純情商店街など) 30票
第10位 谷中銀座商店街 30票
第12位 十条銀座商店街 29票 (8.1%)
第13位 ハッピーロード大山商店街 27票 (7.5%)
第14位 浅草仲見世商店街 25票 (6.9%)
第15位 阿佐ヶ谷パールセンター 24票 (6.7%)
第15位 渋谷センター街 24票 (6.7%)
第17位 下北沢商店街(南口商店街/一番街商店街など) 19票 (5.3%)
第18位 荻窪・教会通り商店街 16票 (4.4%)
第18位 神楽坂通り商店街 16票 (4.4%)
第20位 麻布十番商店街 15票 (4.2%)
第20位 サンシャイン60通り商店街 15票 (4.2%)

男女別で見た場合、戸越銀座商店街を好きと回答した人は、男性よりも女性の方が多かった。逆に、中野ブロードウェイの支持率は女性よりも男性の方が高い。全体的に男性は飲み屋や娯楽施設が充実している商店街を好み、女性はお惣菜屋や昔ながらのお店がある商店街を好む傾向があるという結果になった。

■その商店街が好きな理由は?

「好きな商店街」を選んだ理由について尋ねたところ、理由の1位は「活気があるから」が39.7%で最も多かった。これに、「店舗が多い/充実しているから」37.2%、「その商店街のある街/駅の雰囲気が良いから/好きだから」35.0%が続いた。

商店街が好きな理由(複数回答可)
商店街が好きな理由(複数回答可)

■近くに「商店街があること」は、住まい選びの決め手になる?

近くに商店街があることが住まい選びの決め手になるか尋ねたところ、「決め手になる」と回答した人が38.1%、「決め手にはならないが、重視する」が46.4%となった。約85%の人が、商店街を住まい選びの重要な要素としていることが分かる結果となっている。

近くに「商店街があること」は、街選びの決め手になる?
近くに「商店街があること」は、街選びの決め手になる?

調査実施期間は、2015年1月19日から20日。調査対象者は東京都在住の20歳~59歳までの男女で、事前調査で商店街が「とても好き」と回答し、「お惣菜を週1回以上購入する」と答えた人。有効回答数は360サンプルだった。