アメリカのベビー用品ブランド『4moms(フォーマムズ)』から、スマートフォンで遠隔操作できる電動バウンサー「mamaRoo3.0(ママルー3.0)」が3月上旬より販売される。新生児から腰がすわるまで(体重約11kg)の乳児が対象。

心地よい揺れと音楽で赤ちゃんを夢の中へ…
心地よい揺れと音楽で赤ちゃんを夢の中へ…

この商品は、5つのモーションで上下左右に揺れ動くハンモック型の電動バウンサー。パパ・ママが実際に赤ちゃんをあやす時の動きを計測し、専門家や医師の協力を得てリアルな動きを再現しているそう。

体全体を包みこむハンモック形状
体全体を包みこむハンモック形状

5種類のユニークな動きを搭載
5種類のユニークな動きを搭載

また Bluetooth を搭載しており、4moms 専用アプリを使用してスマートフォンによる遠隔操作も可能。ママの顔を見ると思わず泣いてしまう赤ちゃんも、顔を見せずにあやせるので寝つく直前などに便利だとか。

本体には「胎内・雨・波・扇風機」の4種類の自然音を内蔵しているほか、手持ちのミュージックプレーヤーを接続して好きな音楽も流せる。

ラインナップはシートの手触りで選べる「クラシック」と「プラッシュ」の2種類。いずれもサイズは H84×W50×D65cm、重さは約7.8kg。価格は、クラシックが4万円、プラッシュが4万3,000円(ともに税別)。ソフトトイ、MP3プレーヤー接続ケーブルが付属する。

シート、ソフトトイは洗濯も可能
シート、ソフトトイは洗濯も可能