UCC 上島珈琲から、カプセル式コーヒーメーカー「DRIP POD(ドリップポッド)」が発売された。価格は1万8,000円。

“ハンドドリップ”で淹れたような一杯を
“ハンドドリップ”で淹れたような一杯を

この商品は、ハンドドリップにおける湯温、蒸らし時間、注湯スピード・角度などの理想的な動作を、マシンの抽出プログラムと独自開発の個包装カプセル(POD)によって再現したコーヒーメーカー。プロの技術を反映することで、“炒りたて・挽きたて・淹れたて”の1杯が楽しめるそう。

プロのドリップ技術を再現
プロのドリップ技術を再現

専用カプセルのラインナップは、「daily」「premium」「specialty」の3ライン計23種。1杯あたり63円から楽しめるものや、さらにコーヒーを追求したい人のための高級豆、紅茶や煎茶のカプセルまで幅広く用意されている。

本体にはプロダクトデザイナー廣田尚子氏のデザインを採用。凹凸が少なく細部まで手入れしやすい水タンク、液だれを防ぐエアブロー機能、スムーズで静かな抽出など、使い心地の良さが女性目線で追求されており、設置スペースもコンパクトに設計されている。

本体サイズは D288×W130×H224mm。重さは約2.7kg。一杯(140ml)あたりの抽出時間は約60秒。カラーバリエーションは、チェリーレッド、ハニーホワイト、カフェブラックの3種類。

カラーバリエーション
カラーバリエーション

※表記価格はすべて税別