付き合い始めの2人に必要なのは“花束”。では、終わりを迎える2人に必要なのはなんだろう?やはり、植物ではないだろうか。

そんな思いつきから生まれたのが「Break Up Bean(お別れ豆)」。これは別れを切り出すときに、相手に送る植物だ。


「Break Up Bean(お別れ豆)」を贈られた人は、パッケージに入っている植木鉢に土を入れ、豆をまく。日に当て、水をあげて大事に育てれば、5日程度でリマ豆が発芽し、贈り主からのメッセージを目にするという仕組みだ。

リマ豆には「It's Over(もうおしまいね)」「Let's Be Friends(友達でいましょう)」という文字が彫られている。カンの鋭い人なら、相手が何を望んでいるか、すぐにわかるだろう。あきらめの良い人なら、これだけで身を引いてくれるはずだ。

自分で直接伝えず、豆に思いを託すなんてひどい奴と思うかもしれないが、そうではない。贈られた人のもとには、豆が残るのだ。恋人が立ち去った哀しみは、豆が癒してくれるだろう。友だちとして。

パッケージには、植木鉢、園芸用土、そしてリマ豆のタネが含まれている。商品の対象年齢は3歳以上。その設定、間違ってないか?と突っ込みたくなるが、説明書には、「別れの辛さを学ぶのに、早過ぎるということはない」とある。


米国の通販サイト ThinkGeek で購入できる。価格は6.99ドル(約840円)だが、日本への送料が別途39.44ドル(約4,700円)必要となる。値段が高過ぎる?いや、これできれいに別れられるのならば、案外、安いのかもしれない。