最後まで使い切りたくてもできないもの、ありますよね。例えば小さくなった石鹸やビンに入ったマヨネーズ。そして、短くなったエンピツもそうです。もったいないと思っても、あまりに短いエンピツで字を書くのはしんどいので、捨てるしかありませんでした。

中島重久堂の「TSUNAGO」は短くなって使いづらくなったエンピツを甦らせてくれるエンピツけずり。「もったいない!」という思いに応えてくれる文房具です。

「TSUNAGO」は、2本のエンピツをつなぐ機能を持っています。具体的には、エンピツのあたまを細くする機能と、別のエンピツおしりに穴を開ける機能。この機能を使って加工した2本のエンピツを木工用ボンドでつなぐと、一本の鉛筆として甦るという仕組みです。

エンピツのあたまを細くし、
エンピツのあたまを細くし、

別のエンピツのおしりに穴を開けると
別のエンピツのおしりに穴を開けると

一本につながります!
一本につながります!

さてこの「TSUNAGO」、今年の1月下旬にネット予約が開始されたのですが、注文が殺到したため、3月9日でネット販売を停止していました。でも4月30日、同社は Facebook で東急ハンズでの販売開始をアナウンス。販売再開を待ち望んでいたファンを喜ばせています。

待ってました!
待ってました!

中島重久堂によれば、「TSUNAGO」の生産能力には限りがあるのだとか。東急ハンズを訪れれば、いつでもどの店舗でもすぐに購入できるというわけではなさそうです。でも、これまでよりはずっと手に入りやすくなったのは、間違いないでしょう。

「TSUNAGO」のパッケージ
「TSUNAGO」のパッケージ

なお、正確な販売時期や取り扱い店舗などは、東急ハンズに問い合わせて欲しいとのことです。