アメリカ生まれの「みつばちラップ」は、木綿布“モスリン”に、蜜ロウ、ホホバ油、ダマール樹脂をしみ込ませた食品保存用の布。腐敗防止効果のある蜜ロウとホホバオイルにより、食品を長持ちさせることができるそう。

プラスチック未使用の天然ラップが日本上陸
プラスチック未使用の天然ラップが日本上陸

常温では張りのある硬い布ですが、手の温度でやわらかくなり、パンやチーズ、野菜、おにぎりなど包む食品に合わせて変形します。包んで数秒するとラップは冷えて固くなり、食品に密着。また、ボールや皿などにカバーとして被せることもできます。
 
最初は硬い布ですが
最初は硬い布ですが

 
手の温度で自在に変形できます
手の温度で自在に変形できます

使用後は水または中性洗剤で洗い、自然乾燥させれば繰り返し使用可能。1年ほどで使えなくなったら、細かく切り刻んで土にまけば分解されるそう。

素材にはオーガニックの世界基準「GOTS」で認証されたモスリンをはじめ、蜜蝋やホホバオイルなどすべて天然のものを使用。サイズは17.8×20.3cm。重さ40g。日本での輸入販売元は KTM で、5月中旬より販売予定。価格は1,680円(税込)です。


みつばちラップ ボールにラップ編