スウェーデンの農林造園機器ブランド『Husqvarna(ハスクバーナ)』のロボット芝刈機「Automower 330X」が、2015年春より日本で本格展開を開始している。

まるでスポーツカー?カッコ良すぎる屋外版お掃除ロボット
まるでスポーツカー?カッコ良すぎる屋外版お掃除ロボット

同ブランドの代表製品であるロボット芝刈機「Automower(オートモア)」シリーズは、1995年に発売され、今回の330X は第三世代に当たる。同シリーズは炭素鋼製のカミソリ状ブレードで多方向から不規則に刈り込む動きが特徴で、これにより刈跡を残すことなく、カーペットのような均一の高さの芝生に仕上げてくれるそう。

少しずつ、頻繁に刈ることで健康な芝生を育てる
少しずつ、頻繁に刈ることで健康な芝生を育てる

330X には GPS が内蔵されており、境界ワイヤーおよびガイドワイヤーでマッピングしたガーデン内の情報に基づき芝刈りのパターンを調整する。最大45%までの傾斜や、狭い小路の芝といった不規則な地形にも対応可能。

高性能なナビゲーションを搭載
高性能なナビゲーションを搭載

また、タイマー機能により、曜日や天候、芝生の成長期に合わせ作業時間が調整でき、静かな稼働音で夜間でも芝刈り作業が行えるそう。このほかに盗難防止アラームや本体が持ち上がると自動停止する「リフト&傾斜センサー」といった安全機能もそなえている。

盗難や急な持ち上げによる事故も防ぐ
盗難や急な持ち上げによる事故も防ぐ

日本では現在、企業や大学の敷地内などで導入されているそう。製品の価格や詳細についての問い合わせ先はハスクバーナ・ゼノア。

疲れたら自動でチャージステーションへ
疲れたら自動でチャージステーションへ