子どもの頃、林真理子さんの「ドレスがいっぱい」という絵本が大好きで、何度も読み返していました。描いた絵が飛び出す不思議なスケッチブックが出てくるお話で、主人公が次々と服を出す様子が子ども心にうらやましくて仕方なかったものです。

「Electroloom」は、その魔法のスケッチブックを彷彿とさせる 3D プリンタ。フィラメントに繊維が採用されており、自動で服をプリントしてくれるそうです。

思い描いた服が作れる未来も近い?
思い描いた服が作れる未来も近い?

製作方法は、まずアルミニウムなどでガイドとなる服の“型”を作り、プリンタの中にセットします。出力を開始すると、電気の力を利用した「エレクトロスピニング法」により液状のフィラメントが細かい糸状の繊維となって型に吹き付けられ、服が完成します。

型を外したらシームレスな服が完成!
型を外したらシームレスな服が完成!


これは何でしょう?
これは何でしょう?

 
スカート(右)でした!  (左のタンクトップもプリントされたもの)
スカート(右)でした!
(左のタンクトップもプリントされたもの)

現段階で使われている素材は、コットンとポリエステルをブレンドしたという独自のもの。着用して日常生活は送れるものの、市販の布地ほどの強度や伸縮性はほとんどないのだそう。また製作時間もスカートやタンクトップで14時間、ビーニー(帽子)では8時間必要とのこと。

他の素材や色は現在開発中だそうです
他の素材や色は現在開発中だそうです

Electroloom は現在、クラウドファウンディングサイト「kickstarter」で開発のための出資者を募集中(6月16日まで)。4,500ドルの出資で Electroloom(α版)がプレゼントされる早期割引プランも用意されています。開発元の米国 Electroloom によると、将来的にはこのプリンタで誰もがファッションデザインや製造を楽しめるようにしたいとのこと。もしかしたら、Web や雑誌の欲しい服を家でプリント…なんて買い物方法も実現するかもしれません。

現在は開発者向けの α 版
現在は開発者向けの α 版

 
※画像の出典はすべて「kickstarter」サイト