雨の日に手荷物と傘を持って電車に乗ると、両手がふさがってバランスがとりにくい。そんな時、つい傘の持ち手部分に荷物をぶら下げてしまいませんか?荷物も軽くなって便利ですが、この方法は“つるりと滑り落ちやすい”のが難点なんですよね…。

でも、ついに“専用の傘”が開発されました!

この発想だったのか!
この発想だったのか!

「rumbrella(ランブレラ)」は、手元の突起部分にカバンなどの手荷物がかけられる傘。シャフト(中棒)と同じラインにフックの谷部が設計されているため、加重に強く5kg までの重さを安定して支えられるそう。

ハンドル部分が「r」の形に見えるから「rumbrella」
ハンドル部分が「r」の形に見えるから「rumbrella」

 
どやっ!
どやっ!

また、この r 形状は傘を持つ手にもフィットしやすく、ゲリラ豪雨や台風の際もしっかりと傘を保持できるとか。

突然の豪雨にも負けない
突然の豪雨にも負けない

長さは65/60cm の2種類。65cm タイプのカラーバリエーションは、ブラック、ダークネイビー、オリーブ。60cm タイプはグレイ、マスタード、ネイビーの3色。親骨はグラスファイバー、傘生地はポリエステル製です。

ビジネスシーンや女性でも持ちやすいシンプルなカラー
ビジネスシーンや女性でも持ちやすいシンプルなカラー

価格は6,000円(税別)。6月から東急ハンズ新宿店、SMART LIFE TOKYO、Amazon.co.jp で販売される予定です。