「部屋をなるべくシンプルに保ちたい!」という人にとって、パソコンやタブレットまわりのケーブルは鬱陶しいもの。キーボードやマウスを無線タイプに取り変えたとしても、ケーブルの無くなったマウスは床にころげ落ちてしまいがちで、それはそれでかる~くいらいらさせてくれます。

「moky」は、パソコン/タブレット用の Bluetooth キーボード&タッチパッド。そのタッチパッドが“見えない”のが特徴です。これさえあれば、床に転がったマウスを追いかける生活にさよならを告げられるかもしれません。

「Moky」は“見えないタッチパッド”を持つ Bluetooth キーボード
「Moky」は“見えないタッチパッド”を持つ Bluetooth キーボード

「moky」の秘密は、キーボード上に格子状に張りめぐらされた赤外線レーザー。利用者の指がこのエリアに入ると、レーザーの一部を遮断。その動きをセンサーが検知して、パソコンやタブレットに情報を渡すという仕組みです。クリック、ドラッグ、スクロール、スワイプ、ピンチなど、タブレットのタッチパネル上でできるほとんどのアクションを認識可能となっています。これさえあれば、もうマウスを床に落とす心配はありません。

黄色で囲まれた範囲が赤外線レーザー部分が  “見えないタッチパッド”です
黄色で囲まれた範囲が赤外線レーザー部分が
“見えないタッチパッド”です

見えないタッチパッドの仕組み
見えないタッチパッドの仕組み

「moky」には、キーボードトップを保護するカバーが付属。これを折り曲げると、タブレットスタンドとしても利用できます。

キートップカバーをタブレットスタンドとして利用した例
キートップカバーをタブレットスタンドとして利用した例

パソコンやタブレットとの接続には Bluetooth LE を使用。満充電すれば、1日4時間使用したとして約3か月の利用が可能になっています。iOS、Android、Windows デバイスで利用できます。

接続には省電力な Bluetooth LE を使用
接続には省電力な Bluetooth LE を使用

「moky」の開発元は現在、市販化に向けてクラウドファンディングサイト Indiegogo で出資者を募集中。記事執筆時点では69ドル出資することで、「moky」を入手可能となっています(日本への送料が別途必要)。

「moky」ブルーバージョン
「moky」ブルーバージョン