夜はまだ比較的過ごしやすい東京ですが、梅雨明けとともにやってくる寝苦しい夜が今から恐ろしいこの頃。節電や体調を考慮してエアコンを控える人も多いかと思いますが、暑さを我慢していると今度は熱中症の危険が高まります。

今年も寝苦しい季節がやってきます
今年も寝苦しい季節がやってきます

最近はエアコンに頼り過ぎず快適に眠るための夏用寝具も多く展開されているので、上手く活用したいもの。接触冷感素材やジェルはよく見かけますが、通販サイト「家具通販のロウヤ」を運営するベガコーポレーションでは、そのどちらでもない冷却マット「SALTY COOLER(ソルティクーラー)」の最新モデルが販売されています。

SALTY COOLER に使用されているのは、氷を氷点下まで冷やす“塩のチカラ”に着目して同社が開発した独自素材「アイスソルト」。皮膚の表面温度に近い約30~31度で液状化し、吸熱と放熱(結晶~水溶化)を繰り返しながら常温をキープしてくれるそう。

気になった編集部は、今回購入者特典用のマルチサイズを入手。その効果を実際に体験してみました。

枕に丁度いいマルチサイズ(単体での販売はありません)
枕に丁度いいマルチサイズ(単体での販売はありません)

マットを指で押してみると、固めのジェルのような感触。表面を撫でるとさらさらしていますが、特に冷たくはありません。

ところが、手のひらを押し付けているとマットがだんだん柔らかくなり、ゆっくり沈むと同時にひんやりとした冷たさが伝わってきます!枕に敷いて横たわってみると、首筋や後頭部がまるで氷枕をしているように心地よい。

触れているとひんやり冷たくなってきます、不思議!
触れているとひんやり冷たくなってきます、不思議!

筆者は接触冷感素材のシーツを持っていますが、サラッとした肌触りは気持ちが良いものの、しばらくするとどうしても体温で温まり、暑く感じてしまいます。でもこのシートは、触れている間ずっとひんやり感が持続。寝苦しくて何度も寝返りを繰り返すあの熱帯夜を考えると、この冷たさはかなり快適なのではないでしょうか。ただ冷え性の筆者(女性)にはかなり冷たく感じるので、使用時期は真夏に限定されそう。タオルやシーツを敷くなどして調整してもいいかもしれません。

なお、就寝時に限らず暑い日中の冷却シートとしてソファやペット用にも活用できるので、1枚あると便利そうです。

ペットもひんやり(出典:家具通販のロウヤ)
ペットもひんやり(出典:家具通販のロウヤ)

SALTY COOLER のラインナップは、S(80×90cm、4,990円)と M(80×140cm、5,990円)の2種類(ともに税込)。カラーバリエーションは、それぞれネイビー、ターコイズ、ブラウン、ボーダーネイビー、カモフラージュネイビーの5種類。ロウヤの通販サイトで購入できます。

クールなカラーバリエーション(画像は M サイズ)
クールなカラーバリエーション(画像は M サイズ)


使わない時はコンパクトに収納
使わない時はコンパクトに収納