岩合光昭写真展「ふるさとのねこ」が、7月25日から8月31日まで渋谷ヒカリエ(東京・渋谷)で開催される。

津軽の四季、子ネコたちの物語
津軽の四季、子ネコたちの物語

このイベントでは、青森県津軽地方を舞台に、動物写真家の岩合氏が1年をかけて撮影した“子ネコと人との暮らし”が展示される。展示作品は約160点。花咲く春、夏の祭り、リンゴ実る秋、そして深く長い冬…津軽の四季の中にネコたちが暮らす様子は、日本の原風景であり、どこか懐かしい「ふるさと」を感じさせてくれるだろう。

(c)Mitsuaki Iwago
(c)Mitsuaki Iwago

 
(c)Mitsuaki Iwago
(c)Mitsuaki Iwago

■写真展概要
会期:7月25日~8月31日
会場:東京都渋谷区渋谷2丁目21−1 渋谷ヒカリエ9階 ヒカリエホール ホールB
開催時間:10時~20時(7月25日のみ13時開場)
入場料:一般800円/中・高生600円(前売券販売は7月24日まで)

なお会期中は岩合氏のギャラリートーク&サイン会も開催予定。日程・参加方法などの詳細は主催のクレヴィス公式サイトを参照のこと。