「Hydro Hammock(ハイドロハンモック)」は、ハンモックタイプのバスタブ。様々な場所に持ち運んでお風呂タイムを楽しめる。


ハンモックに揺られるのは楽しい。お風呂で熱いお湯に浸かればリラックスできる。では、その2つをあわせれば、最高に楽しくて、最高にリラックスできるものになるのでは?「Hydro Hammock」は、そんなとてもシンプルな発想から生まれた。

これぞ究極のリラックス?
これぞ究極のリラックス?

「Hydro Hammock」のコンプリートセットに含まれるのは、バスタブとなる防水性の高い「ハンモック」と水をハンモック内に汲みあげる「ポンプ」、そしてハンモック内の水を温めてお湯にする「ヒーター」など。これらアイテムの組み合わせで「どこでもバスタブ」を実現している。「ハンモック」は190リットルの水と大人2人の重さに耐える設計。ヒーターは現時点ではLPガスを利用しているが、将来的には太陽光を利用可能にするという。

「ハンモック」「ポンプ」「ヒーター」が1つのパッケージに
「ハンモック」「ポンプ」「ヒーター」が1つのパッケージに

「Hydro Hammock」の特徴は、すべてが1つのケースに収められていること。持ち運びが簡単なので、これまででは考えられなかったような場所に持ち込んで、お風呂タイムを楽しめる。

「ハンモックでお風呂」に必要なすべてがこのケースに収まっている
「ハンモックでお風呂」に必要なすべてがこのケースに収まっている

雪山や
雪山や

ビーチ
ビーチ

部屋のベランダなど、ありえない場所で入浴できる
部屋のベランダなど、ありえない場所で入浴できる

暖炉の前でいちゃいちゃすることも!
暖炉の前でいちゃいちゃすることも!

「Hydro Hammock」を開発したBenjamin H Frederickさんは現在、市販化に向けてクラウドファンディングサイトkickstarterで出資者を募集している。1,180ドルの出資で標準タイプのHydro Hammock 1とヒーターシステムを入手できる。ハンモックの生地が2層になったより丈夫なHydro Hammock 2(ヒーターシステム付き)は1,310ドル。出荷は2015年9月頃を予定している。

プハーッ!
プハーッ!