「着る蚊帳 ネッツメン」がアイデアグッズブランド「BIBI LAB(ビビラボ)」から販売開始された。虫さされによる不快感やデング熱などの感染症の危険から身を守ってくれる……かもしれない。

「着る蚊帳 ネッツメン」販売開始
「着る蚊帳 ネッツメン」販売開始

「着る蚊帳 ネッツメン」は、物理的に蚊から身を守るヒト型防虫ネット。一般的な網戸の1.4ミリよりもさらに細かい、約1ミリの極小編目ネットによって蚊の侵入を防ぐ。ちなみに、蚊の全長は2~5ミリ程度だそうだ。

約1ミリの極小編目ネットで蚊の侵入を防ぐ
約1ミリの極小編目ネットで蚊の侵入を防ぐ

「着る蚊帳 ネッツメン」の開発コンセプトは、「見た目はアレだが合理的」。見た目がアレなのは見た瞬間になるほどと思うが、どのあたりが合理的なのだろうか?

“見た目がアレ”の例  こんなヒトが普通に水撒きをしていたら  ちょっと怖い…
“見た目がアレ”の例
こんなヒトが普通に水撒きをしていたら
ちょっと怖い…

合理的ポイントその1としては、そのワンピース構造があげられる。“着る蚊帳”と呼ばれている商品はいくつか販売されているが、その多くは、“上半身保護部”“下半身保護部”が別々に用意された「2ピース構造」を採用。恥ずかしくないデザインを実現している。だが、「着る蚊帳 ネッツメン」では、デザイン性は潔く切り捨ててワンピース構造を採用。これにより、“前かがみになっても背中が露出しない”、“熱がこもりにくい”など、複数のメリットを享受可能になった。

参考画像:“着る蚊帳”「Hooded Zip Up Mosquito Jacket」(上半身保護部)  2ピースで恥ずかしくない…?
参考画像:“着る蚊帳”「Hooded Zip Up Mosquito Jacket」(上半身保護部)
2ピースで恥ずかしくない…?


ワンピース構造の「着る蚊帳 ネッツメン」  ちょっと恥ずかしい  でも、前かがみになっても背中が露出しない
ワンピース構造の「着る蚊帳 ネッツメン」
ちょっと恥ずかしい
でも、前かがみになっても背中が露出しない

ワンピース構造には弱点がある。それはトイレに行くたびに脱がなければならないということだ。そこで「着る蚊帳 ネッツメン」では、この弱点を補う最新システム「着たままトイレ」を採用した。これが合理的ポイントその2だ。お尻の部分にファスナーを取り付けたこのシステムにより、トイレでの「尻出し/尻片付け」処理がスムーズかつスピーディーになった。

「着る蚊帳 ネッツメン」が採用した最新システム「着たままトイレ」  尻出しラクラク!
「着る蚊帳 ネッツメン」が採用した最新システム「着たままトイレ」
尻出しラクラク!

ファスナーは、首回りや手首、足首周辺にも取り付けられている  手や足、頭も出し放題
ファスナーは、首回りや手首、足首周辺にも取り付けられている
手や足、頭も出し放題

これから夏を迎え、野外フェスなどに参加する機会も多くなるだろう。そのようなとき、「着る蚊帳 ネッツメン」を着ていけば、もう蚊は怖くない。怖いのは、周囲の人からの生温かい視線だけだ。

大丈夫だ  目を瞑ってしまえば、何も怖くない
大丈夫だ
目を瞑ってしまえば、何も怖くない

ラインナップは、身長150センチまでの人に対応した「M:天の羽衣(ピンク)」と、180センチまでの人に対応した「L:蒼天夏時雨(ブルー)」「L:白虎の仮宿(アイボリー)」の3種類。蚊が好む濃い色を避けた結果、このような薄いパステルカラーのラインナップとなった。価格は6,600円(消費税別)。

派手目の色使いにも、合理的な意味がある
派手目の色使いにも、合理的な意味がある

なお、販売元の「BIBI LAB(ビビラボ)」は、「着る蚊帳 ネッツメン」での100%の虫除け、デング熱の予防は保証できないとしている。また、蜂用の防護服としては使用できない点にも注意が必要だ。

でも、気持ちは負けてないっ!
でも、気持ちは負けてないっ!