真っ暗な館内に、迫力の映像とサウンド…映画はやっぱり映画館で観るのが良い。だが実際に赴くと、隣の人が終始ポップコーンをむさぼっていたり、後ろからカップルの会話が聞こえてきたりとなかなか集中できないことも多い。

「SOLO THEATER」は、自宅にいながらスマートフォン1つで映画館の雰囲気が楽しめるガジェット。昨年頃からTwitter上で話題になっていたダンボール映画館のアイデアを元に、LUCY ALTER DESIGNがプロのダンボール設計者と“非常に高いクオリティ”まで昇華させたものだ。

まあ、こういうことなんですけど
まあ、こういうことなんですけど

組み立て時に道具は必要なく、マジックテープで止めるだけ。天井部にスマートフォンをセットして動画の再生をスタートすれば、後は真っ暗な空間で映画館気分が楽しめる。アタッチメントを替えることでiPad AirやiPad miniにも対応可能だ。

フタをかぶせて
フタをかぶせて

 
端末を固定して
端末を固定して


よいしょ、と
よいしょ、と

 
最大でiPad Airまで対応
最大でiPad Airまで対応

視聴時の快適さを考慮し、2段階の高さ調節機能や空気循環用スリット、臨場感を演出できる“他の観客”パーツも備えている。使わない時はコンパクトに収納できるのも嬉しいところ。

着脱可能な観客たち
着脱可能な観客たち

 
1人でも寂しくない…かも
1人でも寂しくない…かも

 
専用ケースでコンパクトに収納。家族に文句は言わせない!
専用ケースでコンパクトに収納。家族に文句は言わせない!

SOLO THEATERは、現在クラウドファンディングサイト「MAKUAKE」で商品化に向け出資者を募集中。既に目標金額の20万円を達成しており、我々が手に取れる日も近そうだ。

なおいち早く入手したいという人は、商品を特別価格で購入できる出資プランがまだ残っているので検討してみては?その場合は今年10月頃手に入るそうだ。

いつでも、どこでも
いつでも、どこでも