マイボイスコムは、消臭・芳香剤使用に関するアンケートを実施。室内用消臭・芳香剤使用率は全体の5割弱で、2011年以降減少傾向にあることを明らかにした。また、直近1年間に使用した消臭・芳香剤ブランド1位はエステーの「消臭力」だったが、最も気に入っているものはP&Gの「ファブリーズ」であることも明らかにしている。

1. 室内用消臭・芳香剤の使用は、減少傾向に
「あなたのご自宅では市販の室内用の消臭・芳香剤を使用していますか」という質問に対し、「使用している」と回答したのは47.8%に留まった。2011年調査時の63.2%からは15.4ポイント、2013年調査時の57.2%からは9.4ポイント減少している。


男女別にみると、女性の方が使用率が高い。年代別にみると、30代が他の年代より使用率が低くなっている。

地域別では、北海道や東北、九州での使用率が、他の地域よりやや高めとなった。

2.直近1年間に使用した消臭・芳香剤
「あなたのご自宅の室内で使用している消臭・芳香剤ブランドで、直近1年間に使用したものをお聞かせください」という質問に対しては、エステーの「消臭力」が29.6%で1位となった。これにP&Gの「ファブリーズ」が27.4%で続く。以下、小林製薬の「消臭元」(21.8%)、花王「リセッシュ」(20.8%)となった。


「ファブリーズ」「リセッシュ」を使用する人は、女性が男性を10~13ポイント上回っている。また、「ファブリーズ」は女性30代以上では1位となった。

3.最も気に入っている消臭・芳香剤
「あなたが使っている消臭・芳香剤のうち、最も気に入っているものをひとつお選びください」という質問に対しては、「ファブリーズ」が17.3%で1位。「直近1年間に使用した消臭・芳香剤」で1位だった「消臭力」に1.9ポイント差をつけ、「ファブリーズ」使用者の満足度の高さを示す結果となった。3位以下には花王「リセッシュ」(10.0%)、小林製薬「消臭元」(9..3%)、小林製薬「無香空間」(5.7%)が続いた。


性別年代別にみると、女性30代以下では「ファブリーズ」が1位と強さを見せつける。一方、男性40代以下では「消臭力」が1位。特に男性20・30代では3割弱と、全体に比べ比率が高くなっている。

4.室内用消臭・芳香剤のこだわり・使い分けなど/非利用理由(自由回答)
「あなたのご自宅では、室内用消臭・芳香剤をどのように使っていますか。気をつけていること・こだわりや、複数使っている場合は使い分け方など、具体的にお聞かせください。使っていない方は、使わない理由をお聞かせください」という自由回答質問に対しては、全5,622件の回答があった。回答には「芳香剤は香りが好きではないという回答」が比較的多く見られ、使用率が減少傾向にあることを裏付ける結果となっている。

◆使用時に気をつけていること、使い分けなど
・日常的に匂いが絶対に気になる部分(トイレやゴミ箱など)にはスプレータイプ、置き型タイプと併用して使い分けをしている。置き型では対処できないところを行き届き易いスプレータイプで補うという使い方がやや多い。(男性 31歳)
・匂いの気になるトイレと玄関だけに置いている(女性 18歳)
・無臭で消臭力のあるものを使っています。匂い付きだと家の中の匂いと混ざって変な匂いになりそうなので(女性 29歳)
・ペットの匂いが気になるので、それを消すのが一番重要(女性 45歳)
・室内干しの洗濯物や1回しか着ていないスーツの除菌に使用(女性 56歳)

◆使用していない
・芳香剤は香りが好きでないので、まず使わない。消臭剤は使っても良いが、部屋のテイストと合わないパッケージが多いので、使用を避けている(男性 41歳)
・市販の芳香剤はにおいがきつすぎる上に、すぐ、消えてしまうので使わない。(女性 68歳)
・焼肉のにおいはプラズマクラスターをつけてるので消臭芳香剤は使いません。臭いが好きでないので使わないです(女性 67歳)

調査は2015年8月1日から5日にかけてインターネット調査形式で実施された。回答者数は1万395名。うち、男性は5,314名、女性は5,081名だった。