米国では比較的人気の高い「クレージーサークル」。ドーナツ型の本体の内側にボールが入ったネコのおもちゃだ。「狭いところに前足を突っ込みたい」「動いているものを捕まえたい」というネコの習性を活かしたもので、ストレス発散や運動不足の解消に適している。

参考画像:米国で人気のネコのおもちゃ「クレージーサークル」
参考画像:米国で人気のネコのおもちゃ「クレージーサークル」

だが、「クレージーサークル」には、ネコがすぐに飽きてしまうという欠点がある。賢いネコは、ボールが、つつかない限り動かないことを早い段階で見切ってしまうからだ。

「IrresistiCat」は、この欠点を解消したネコグッズ。電動式で、ボールが生きているかのように動きまわり、ネコの関心を惹く。

ボールが動けば
ボールが動けば

ネコ、夢中!
ネコ、夢中!

本体上部にはソーラーパネルが貼られており、光があたることで発電し、内部のボールを動かす。軽量なボールを動かすだけなので、直接日光があたる必要がなく、室内の照明で十分に動作するそうだ。

本体上部にソーラーパネルが貼られている
本体上部にソーラーパネルが貼られている

開発したのは、ソーラーパネルを使用したネコのおもちゃを開発する企業Solar Chasers 。同社には数匹のネコが在籍しており製品のテストを担当している。子ネコたちはインターンとして、成猫たちはシニアプロダクトテスターとして勤務。試作品に対して厳しい評価を下している。「IrresistiCat」は、このような多くのテスターによる厳しいテストを通過したプロダクトなので、かなりの高い確率で、多くのネコに喜ばれると考えられる。

「これは何かニャ?」  (インターンの子ネコたちによる製品テスト風景)
「これは何かニャ?」
(インターンの子ネコたちによる製品テスト風景)

「これなら、いけるニャ」  (上級テスターによるテスト風景 製品に厳しい視線が向けられている)
「これなら、いけるニャ」
(上級テスターによるテスト風景 製品に厳しい視線が向けられている)

Solar Chasersは現在、「IrresistiCat」の市販化に向けクラウドファンディングサイトkickstarterで出資者を募集中。17ドル出資すれば「IrresistiCat」が1台入手できる。だがこのプロジェクトは失敗しそうな気配が濃厚なので、市販化を待って購入する方が良いかもしれない。出荷開始時期は2016年1月を予定。市販価格は29ドルになる見込みだ。