ヨーロッパ企画の新作「遊星ブンボーグの接近」の東京公演が9月25日に下北沢・本多劇場でスタートする。東京公演では、公演後にヨーロッパ企画と繋がりのある人たちをゲストに呼んで「おまけトークショー」も実施。9月30日の公演後には「水曜どうでしょう」のディレクター藤村忠寿さん、嬉野雅道さんが登場予定だ。

ヨーロッパ企画の新作「遊星ブンボーグの接近」の東京公演、9月25日スタート
ヨーロッパ企画の新作「遊星ブンボーグの接近」の東京公演、9月25日スタート

ヨーロッパ企画とは、1998年に結成された同志社大学出身の劇団。代表・上田誠の脚本・演出による群像コメディ上演の他、イベント・テレビ・ラジオ番組の制作など、「劇団」という枠を超えて多方面に渡ってコンテンツ制作を展開している。2005年に代表作「サマータイムマシン・ブルース」が映画化されてから人気が上昇し、2009年には「曲がれ!スプーン」も映画化された。

ヨーロッパ企画のメンバーの方たち
ヨーロッパ企画のメンバーの方たち

今回上演される「遊星ブンボーグの接近」は、“文房具コメディ”。「ホチキス」「蛍光ペン」「セロテープ」など一般的な舞台作品では扱われないような文房具の世界を芝居に仕立てることに挑戦している。

公演後には、下記の日程で出演者およびゲストによる「おまけトークショー」が開催される。水曜どうでしょうディレクター陣がゲストとして登場するのは9月30日の予定。

・9月26日(土)18時開演の公演終了後
ゲスト:せきしろさん、バッファロー吾郎Aさん
・9月28日(月)19時開演の公演終了後
ゲスト:映画監督の本広克行さん、ムロツヨシさん
・9月30日(水)19時開演の公演終了後
ゲスト:「水曜どうでしょう」ディレクター藤村忠寿さん・嬉野雅道さん
・10月1日(木)14時開演の公演終了後
ゲスト:中山祐一朗さん、加藤啓さん
・10月1日(木)19時開演の公演終了後
ゲスト:かもめんたるさん
・10月3日(土)18時開演の公演終了後
ゲスト:「遊星ブンボーグの接近」音楽担当のHARCOさん