来年の夏に後悔しないために…
来年の夏に後悔しないために…

先日秋服を取り出したのですが、カットソーに正体不明のシミが付いていてビックリ。何とか落とせたものの、衣替えの度にドキドキするのはちょっと嫌ですよね。

なんじゃこりゃ!
なんじゃこりゃ!

という訳で今回は、洗剤の総合メーカー NSファーファ・ジャパンの専門家が推奨する“衣替え術”をご紹介します。ポイントはたった3つだけ。とっくに夏服しまったよ、という人も今後のために覚えておいて損ナシです!

◆ポイント1:衣替えは晴れた日に

秋晴れの日はチャンス
秋晴れの日はチャンス

湿度の高い日は洗濯した衣類に水分が残りやすいため、そのまま収納するとカビ・ニオイの原因になってしまうそう。雨で暇な日こそ衣替えしたくなりますが、ぐっと堪えて晴れるのを待ちましょう。

◆ポイント2:汗や皮脂を徹底的に落として、黄ばみ・シミ予防

来年に汚れを持ち越さない
来年に汚れを持ち越さない

大量に汗をかく夏。衣服に残った皮脂汚れは、酸化すると黄ばみのもとになってしまいます。

襟や袖の汚れが気になる服には、洗剤の原液を直接塗ってやさしくなじませ、しばらく置いてから洗濯するといいそう。おしゃれ着にはおしゃれ着用洗剤を、普段着には液体洗剤を使用します。食べ物汚れは液体酸素系漂白剤でケアしましょう。

なお広い範囲におよぶ汗汚れやニオイが気になる場合は、洗濯前の“浸け置き”が有効とのこと。衣類が浸かる量のお湯(約40度)に、通常1回分の量の酵素入り粉末洗剤または匂い汚れケア機能のある液体洗剤と、適量の酸素系漂白剤を溶かします。そのまま30分~2時間程度浸け置きした後、お湯ごと洗濯機に入れ通常通り洗ってください。その際、水や他の衣類を加えてもOK。

ただし、お風呂の残り湯を使うのは避けましょう。身体から出たタンパク質などが衣類に付着してしまうそうです。

◆ポイント3:収納前にアイロンがけで虫食い予防

キレイに整形すると収納もラクです
キレイに整形すると収納もラクです

衣類をしまう前に、アイロンの熱で害虫の卵や幼虫を退治します。さらに衣類用圧縮袋で保管することで害虫の侵入も防げるとか。アイロンの温度は素材に合わせて設定してください。

ただ洗濯して収納するだけという人も多い衣替え。ちょっとしたひと手間で来年もオシャレを楽しみましょう!