子供とおでかけ情報サイト『いこーよ』が親子連れのハロウィンに関するアンケート調査を実施。約半数の家庭で子どもの仮装を行う予定があり、男の子は「海賊・船長」、女の子は「魔女」の仮装が人気であることを明らかにした。女の子は一大ブームとなった「アナと雪の女王」の仮装も人気が高く、衣装の購入先としては100円均一ショップが圧倒的な支持を得ていることも分かった。

■ハロウィンにイベントなどを行うか
「10月31日はハロウィンですが、家族でイベントなどを行う予定はありますか」という質問に対し、47%が「仮装する(子ども)」と回答し、約半数の家庭で子どもの仮装を行う予定があるという結果になった。また、2014年の同調査結果と比較すると、「ハロウィンパレードやハロウィン関連イベントに参加する」と回答した親子が15ポイント増加し、より積極的にハロウィンに参加する親子が増えている。


■ハロウィンの予算
「ハロウィンのイベントに家族でどれくらいのお金を使う予定ですか」という質問に対しては、「1,000円以上~3,000円未満」が44%で1位となった。2014年の同調査と比較すると「1円以上~1,000円未満」と答えた家庭の割合が9%から18%と2倍に増加している。


これは、ハロウィン衣装の購入先に「100円均一ショップ」が圧倒的に支持されていることが一因をなしていると考えられる。


■子どもがどのような仮装をするか
「(子どもが)どのような仮装をする予定ですか」という質問に対しては、男の子は「海賊・船長」が16%で1位、以下「かぼちゃ・パンプキン」(14%)、「ドラキュラ、吸血鬼」、「ヒーロー(スパイダーマン、スーパーマンなど)」(12%)と続く。昨年の人気と比較すると「海賊、船長」の人気が約3倍、「ヒーロー」の人気は4倍に上がり、男の子の仮装バリエーションが増えたことがわかる。


 
女の子の1位は「魔女」で25%。これに「アナと雪の女王のエルサ」(11%)、「黒猫」(10%)、「アナと雪の女王のアナ」(7%)が続く結果となった。「魔女」が圧倒的な支持を得ている一方で、2位と4位のアナと雪の女王の数値を合算すると18%となり、人気の仮装として定着している様子がうかがえる。


調査は0歳~9歳までの子供を持つ全国の親を対象に、2015年9月3日から30日にかけて『いこーよ』サイト上で実施。有効回答数は522名だった。