カーメイトは、全国の猫好き300名を対象に「ねこあるある」に関する調査を実施。ネコのあるある1位は「高い所に上る」で、箱に入ったり、動くものを追いかけたりという行動も印象に残っていることがわかった。また、飼っている人と飼っていない人でネコに対する好みや行動に差があることが明らかになった。

ねこあるあるを紹介するにゃん
ねこあるあるを紹介するにゃん

■猫の好きなところ~飼い主は動きや仕草にメロメロ~
「猫の好きなところは」という質問に対し、全体では「動き・仕草」が53.0%で1位となった。「性別」と「猫を飼っている/飼っていない」でグループに分けると、飼っている女性は「動き・しぐさ」が69.3%、男性では「甘えんぼなところ」が69.3%とダントツ1位。飼っていない男性は「マイペースなところ」42.7%が全項目の中で最も多く、女性では「ツンデレなところ」が48.0%と他のグループに比べて多かった。

「 猫の好きなところの」結果(複数回答)(N=300)
「 猫の好きなところの」結果(複数回答)(N=300)

飼っている人は、より近い距離感でネコの魅力を感じており、飼っていない人は、たまに触れ合うネコの態度がマイペースだったりツンデレだったりするところに魅力を感じているようだ。

甘えたいにゃ~
甘えたいにゃ~

■猫の行動について「あるある」と感じるもの~なぜ箱に入る?~
「猫の行動であるあると感じるものは」という質問に対しては、1位「高い所に上る」68.0%、2位「箱などの入れ物に入る」60.3%、3位「動くものを追いかける」58.3%となった。

「 猫の行動についてあるあると感じるもの」結果(複数回答)(N=300)
「 猫の行動についてあるあると感じるもの」結果(複数回答)(N=300)

高い所にジャンプして遊んでいたり、箱やかごの中にすっぽりおさまって寝ていたり、自由奔放で気まぐれな行動が、ネコの「あるある」として印象に残っていることがわかった。また、「読んでいる新聞や本の上に乗ってくる」も45.3%と半数近くにのぼった。

落ち着くにゃあ…
落ち着くにゃあ…

■日常生活の中での猫に対する行動~ネコ動画見ちゃうんだよな~
「日常生活の中での猫に対する行動は」という質問では、猫を飼っている人は「猫が出ているTV番組を観る」50.0%、「猫の動画を観る」48.7%と、約半数が猫の映像を観ることが好きなことがわかった。「猫の動画を見る」に関しては、SNSやキュレーションメディア等で面白いペット動画が共有され、動画に触れる機会が多くなっていることが背景にあると考えられる。

「猫に対する行動としてあてはまるもの」結果(複数回答)(N=300)
「猫に対する行動としてあてはまるもの」結果(複数回答)(N=300)

一方、飼っていない人は「ペットショップに猫を見に行く」28.7%、「猫カフェに行く」7.3%の回答が飼っている人よりも多く、ペットショップやネコカフェでネコと触れあえる機会を求めていることが明らかになった。

肉球、ツンツンしてニャ
肉球、ツンツンしてニャ

■リアルねこあつめ経験~ホントはやっちゃダメだけど~
「庭先や空き地などにキャットフードやネコが好む設備などを置いて、ネコを呼びよせた経験(リアルねこあつめ経験)があるか」という質問に対して、「ある」と回答したのは全体では22.7%、ネコを飼っている方では32.0%となった。ネコを飼ったことがない人の倍以上、飼っている人は“リアルねこあつめ”をするようだ。

「あなたは庭先や空き地などにキャットフードや猫が好む設備などを置いて、猫を呼びよせた経験(リアルねこあつめ経験)があるか」結果(単数回答)(N=300)
「あなたは庭先や空き地などにキャットフードや猫が好む設備などを置いて、猫を呼びよせた経験(リアルねこあつめ経験)があるか」結果(単数回答)(N=300)

調査は、全国の20代~40代の猫好き300名(猫を飼っている男女各75名の計150名、猫を飼っていない男女各75名の計150名)を対象に実施。インターネット調査で、2015年8月21日から24日にかけて行われた。