自転車には大きく2つのタイプがあると言われる。1つは通常のタイプで、もう1つが仰向けに座るリカンベントタイプ。だが、米国カリフォルニア州の自転車メーカーBird of Prey Bicyclesは、自転車の世界に3つ目のタイプを加えようとしている。それが「Bird Of Prey」だ。

「Bird Of Prey」は、うつ伏せで乗るタイプの自転車。サドルは通常のものよりも幅広で、尻ではなく腰前部を支える。ハンドルは操作部と肘受け部に分かれており、肘受けで体重を支えることで、ブレーキや変速機などの操作を容易にしている。


だがなんといっても興味深いのはそのペダル位置だろう。後輪よりも後ろに取り付けられているのだ。“ペダルはサドル直下にあり、その後ろにスプロケットがある”というサイクリストの常識を覆す構造となっている。


この形状にすることで5つのメリットがあるという。1つ目は空力特性が改善される点。Bird of Prey Bicyclesによれば、一般的な形状の自転車では時速35キロで走行する場合、サイクリストがペダルを漕ぐ力の約80%は空気抵抗との戦いに使われているいう。だが、うつ伏せで走行する「Bird Of Prey」であれば、空気抵抗を大幅に減らすことができるとBird of Prey Bicyclesは主張している。


2つ目は、足で漕ぐ力を100%前進に利用できる点。通常の自転車であれば、サイクリストの足は体重を支えるのにも使用されている。だが「Bird Of Prey」では体重はサドルとハンドルで支えられているので、足の力は100%前進に使用できる。

3つ目は重心を低くできる点。通常の自転車では、重心の位置は地上から121センチ前後の場所となる。だが「Bird Of Prey」であれば重心の高さは約76センチ。重心が低い分、カーブなどでは有利となるそうだ。


4つ目は安全性の高さ。通常の自転車でパニックブレーキをかけた場合、いわゆるジャックナイフが発生しがち。最悪のケースでは、サイクリストの身体がハンドルを越えて飛んでいってしまうことがある。だが「Bird Of Prey」では重心が低く、かつ後ろにあるので、ジャックナイフ状態になりにくいという。

5つ目のメリットは走行していて楽しいこと。「Bird Of Prey(猛禽)」という名前が示す通り、鳥が滑空しているような、スーパーマンとなって飛行しているような、そんな気持ち良さが味わえるそうだ。また、走行している姿を客観的に眺めるのも楽しいという。


Bird of Prey Bicyclesは現在、オンラインショップの準備中。価格は8,500ドル(約101万円)となる予定だ。