猫を入れられるポケットのついた部屋着「ダメねこ」が、インテリア用品ブランド「UNIHABITAT(ユニハビタット)」から販売開始された。ネコを抱いたままトイレに行ける、ネコの飼い主待望の製品。

ネコを抱いたままトイレに行ける部屋着「ダメねこ」発売!
ネコを抱いたままトイレに行ける部屋着「ダメねこ」発売!

ネコを飼っている人の悩みのひとつに、ネコが膝の上に乗って眠ってしまうと動けない…というものがある。「ダメねこ」はこの悩みを解決してくれる部屋着。お腹部分にネコが入るポケットが取り付けられており、ネコをこのポケットの中に吸い寄せてくれるのだ。「袋があると入りたがる」「ダンボールがあれば収まってしまう」といった、ネコの習性を生かしたデザインと言えるだろう。ネコがポケットに入ってしまえば、底の部分を手で支え、ネコを抱いたまま部屋の中を自由に移動できる。

ネコが膝の上に乗ると、飼い主は動けなくなるが
ネコが膝の上に乗ると、飼い主は動けなくなるが

「ダメねこ」を着用していれば、ポケットにネコを入れて歩ける  (移動時には、底をささえて歩きましょう!)
「ダメねこ」を着用していれば、ポケットにネコを入れて歩ける
(移動時には、底をささえて歩きましょう!)

ネコを抱いたままトイレに行くことも可能だ。「ダメねこ」は上下がつながったオールインワンタイプの部屋着。通常であれば、全部脱がなければトイレに行くことはできない。だが「ダメねこ」は、「着たままトイレシステム」を採用。お尻の部分だけをファスナーで開いて、用を足すことができる。

「UNIHABITAT」のお家芸である「着たままトイレシステム」  バージョンアップする毎に、尻出し性能を高めている
「UNIHABITAT」のお家芸である「着たままトイレシステム」
バージョンアップする毎に、尻出し性能を高めている

「UNIHABITAT」からは猫を入れられるポケットのついたパーカー「にゃんガルーパーカー」も販売されている。「にゃんガルーパーカー」と「ダメねこ」の外見はよく似ているが、「ダメねこ」では外出時の着用は想定されていない。室内で“思う存分だらだら”できることを目指したデザインで、身体を締めつける箇所はほとんどなく、リラックスできるのが特徴だ。

ネコも人も
ネコも人も

思う存分だらだらできる
思う存分だらだらできる

カラ―バリエーションは黒ネコになれる「ブラック」と、白ネコの「ホワイト」。サイズはMとLの2種類。希望小売価格8,000円(消費税別)。Amazon.co.jpなどで購入できる。

黒ネコになれる「ブラック」  モデルの方には、若干の照れが見える
黒ネコになれる「ブラック」
モデルの方には、若干の照れが見える

白ネコの「ホワイト」  こちらのモデルさんは、何かを吹っ切ったみたいだ
白ネコの「ホワイト」
こちらのモデルさんは、何かを吹っ切ったみたいだ

なお、「ダメねこ」という名称は、着用することでネコも人も暖かく気持ち良くなり、ソファやコタツなどからから動けない「ダメ」な飼い主とネコになってしまうことを意味している。筆者が以前飼っていたような、「15秒で、自分がなぜ怒り狂っていたのかを忘れ、甘えてくる」ネコのことではないので、注意が必要だ。