「PowerMe」はスマートフォンからスマートフォンに充電できるケーブル。イタリアミラノのGetPowerMeが開発しました。

スマートフォンからスマートフォンに充電できるケーブル「PowerMe」
スマートフォンからスマートフォンに充電できるケーブル「PowerMe」

例えばカフェで友だちとお茶をしているとしましょう。友だちのスマートフォンのバッテリーはまだ残量がたっぷりあるのに、あなたのバッテリーはもうすぐ切れそう。こんなとき、どうします?

15%になると、充電しろってメッセージがでて  鬱陶しいんだよね…
15%になると、充電しろってメッセージがでて
鬱陶しいんだよね…

カフェに充電スポットがあれば良いのですが、そうでないとき、「PowerMe」が役にたちます。2人のスマートフォンを「PowerMe」でつなげば、バッテリー残量の多いスマートフォンの電力をもらって、少ないスマートフォンに充電できるのです。「PowerMe」は、友だちと、電力を“シェア”できるケーブルと言えるでしょう。

やった!21%
やった!21%

「PowerMe」にはデータ転送機能もあり、友だちのスマートフォン内にある写真やビデオを「PowerMe」経由で自分のストレージに転送できます。

写真、いただき!
写真、いただき!

まぁ、クラウド経由で送った方が簡単というケースがほとんどでしょうけど、それでも、直繋ぎが便利なときって、ありますよね?ちょっとあれな画像とか、とか。

こういう感じの、あれとかとか……
こういう感じの、あれとかとか……

その他、「PowerMe」は通常のUSBケーブルとして利用も可能。オフィスについたら充電用ケーブルが見当たらない!なんてときに、会社のPCに挿して使えます。例えばキーホルダーなどに取り付けておけるので、「朝、カバンにケーブルを入れ忘れた!」なんてことはなくなる…と思いますよ。

良かった~!
良かった~!

こうしとけば、無くさない?  人による?
こうしとけば、無くさない?
人による?

GetPowerMeは現在、「PowerMe」の市販化に向けてクラウドファンディングサイトIndiegogoで出資者を募集中です。11ドルの出資で1本入手可能。プラス3ドルで、iPhone用のLightningアダプタも手に入れられます。出荷は2016年1月。日本へも配送してくれますよ。

iPhoneにも対応!  (画像はLightningアダプタを装着した例)
iPhoneにも対応!
(画像はLightningアダプタを装着した例)