ウェザーニューズは、三大流星群の一つである「ふたご座流星群」が観測ピークを迎える12月14日夜~15日早朝の全国の天気傾向を発表した。当日は全国の広い範囲で雲が多くなるものの、雲の切れ間から観測できる地域が多くなる見込みだとしている。

■ふたご座流星群とは?
ふたご座流星群は、「しぶんぎ座流星群」「ペルセウス座流星群」と並ぶ3大流星群の1つ。他の流星群と比べて、年によっての当たり外れの少ないサラリーマン的な流星群。一晩中コンスタントに流星が出現するのも特徴で、ピーク時間帯に空を見上げていると、5分~10分で1個は観測できることが多い。

「ふたご座流星群」放射点  (画像はウェザーニューズ特設サイト「ふたご座流星群2015」から)
「ふたご座流星群」放射点
(画像はウェザーニューズ特設サイト「ふたご座流星群2015」から)

放射点があるのは、東の空に見えるふたご座カストル付近。今年の出現のピークは12月15日3時頃。このため、観測は14日夜から15日夜明け前が適している。また、月は夜になると沈むので、月明かりの心配もない。

■当日の天気は?
ふたご座流星群がピークとなる14日夜〜15日早朝は、弱い低気圧や湿った空気の影響で全国の広い範囲で雲が広がりやすくなるが、今年は月明かりの影響がないため、雲の切れ間を狙えば十分に観測を楽しめそう。


高気圧に近い北海道の日本海側では良く晴れ、観測に絶好の夜空となる見込み。ただ、低気圧に近い九州南部や四国西部では厚い雲が広がり、観測には厳しい条件となりそう。

今回公表された情報は、12月8日時点での予報をもとにしたもの。最新の情報については、同社のPC向けサイトスマートフォン向けサイト、またはスマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」の『星空 Ch.』で確認されたい。

■「SOLiVE24」で「ふたご座流星群」を全国7か所から生中継
24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」では、観測に適すると予想される全国7か所からリアルタイムに流星を中継する特別番組を放送する。放送は14日23時から25時(事前番組22時~)を予定。番組は「ウェザーニュースタッチ」の「SOLiVE24Ch.」やテレビ(BS910ch)、PC向け特設サイト「ふたご座流星群2015」のほか、YouTubeやニコニコ生放送からも視聴できる。