「Cafe Gatto」は、ネコカフェと古民家カフェを合体させた新しいスタイルのカフェ。クラウドファンディングにより資金を調達し、実現を目指している。

ネコカフェと古民家カフェを合体させた新しいスタイルのカフェ「Cafe Gatto」
ネコカフェと古民家カフェを合体させた新しいスタイルのカフェ「Cafe Gatto」

ネコカフェは、ネコが苦手な人が入店するには、ハードルがかなり高め。また、素晴らしいネコカフェが多く存在する一方で、中には掃除が行き届いていなかったり、ネコ向けの環境が良くても出されたコーヒー・紅茶がいまひとつだったりするところも存在している。

「Cafe Gatto」は、ネコ好きだけでなく、古民家好きの人たちをも顧客として獲得する可能性を秘めたカフェ。猫好き以外の人にも気軽に利用してもらうことで、猫の殺処分を知ってもらい、「家族として迎えるなら猫カフェの猫を」という文化の創造を目指している。

古民家とコーヒーを楽しむついでに、  看板ネコさんともちょっと御挨拶  そんな感覚?
古民家とコーヒーを楽しむついでに、
看板ネコさんともちょっと御挨拶
そんな感覚?

一般的なネコカフェとの違いは、「ネコスペース」と「カフェスペース」が透明のアクリルの壁で完全に分離されている点。このため、ネコが苦手という人でも古民家を楽しむことが可能だ。

「Cafe Gatto」完成時のイメージ図
「Cafe Gatto」完成時のイメージ図

もちろん、ネコ好きの人に対するサービスも忘れてはいない。ネコがいる空間でヨガを楽しむ「猫ヨガ」や、プロカメラマンによるネコの写真の撮り方教室など、様々なサービスが開催される予定。その他、猫雑貨の委託販売も行われるそうだ。

ネコヨガ  なんだか、ちょっと、楽しげ?
ネコヨガ
なんだか、ちょっと、楽しげ?

ネコ写真教室  これは参加してみたいなぁ…。
ネコ写真教室
これは参加してみたいなぁ…。

古民家の建物は、大正時代に建築されたもの。築90年だが、とてもこだわって建てられており、材木ひとつとっても価値のあるものが使われているという。


古民家は現在リノベーション中。2016年1月に完了し、2月22日(にゃんにゃんにゃんの“ネコの日”)にオープンが予定されている。

起案者の服部薫さんは「Cafe Gatto」の実現に向け、クラウドファンディングサイトFAAVO福岡で出資者募集のキャンペーンを実施中。出資することで、「Cafe Gatto」オリジナルポストカードや、「猫を可愛く撮影する方法」教室参加権を入手できる。