ウェザーニューズは、「ふたご座流星群」が観測ピークを迎える今夜から明日早朝にかけての天気傾向を発表した。今夜〜明日早朝は全国的に雲が多いものの、北日本や北陸、近畿では観測のチャンスがありそうだとしている。

■12月14日の天気は?
ふたご座流星群がピークとなる14日〜15日早朝は、弱い低気圧や湿った空気の影響で全国の広い範囲で雲が広がりやすくなるが、今年は月明かりの影響がないため、雲に切れ間がある北日本や北陸、近畿などでは天体観測を楽しめそう。北海道は高気圧が次第に離れるため遅い時間ほど上空の薄雲が広がるが、夜の早い時間ほど雲が少なく、広範囲で星空を楽しめる見込み。


一方、低気圧に近い九州や中四国の西側エリア、関東、東海などでは厚い雲が広がり、観測には厳しい条件となりそう。

なお、雲の広がり方は低気圧や前線、高気圧の位置次第で変化する。最新の情報については、同社のPC向けサイトスマートフォン向けサイト、またはスマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」の『星空 Ch.』で確認されたい。

■ふたご座流星群とは
ふたご座流星群は、1月の「しぶんぎ座流星群」、8月の「ペルセウス座流星群」と並ぶ3大流星群の1つ。毎年12月14日頃に観測ピークを迎える。地球が小惑星ファエトンの軌道上を通過する際、大気にその宇宙塵が飛び込むことで発生する流星群で、ピーク時には1時間に40個以上の流星が観測できることがある。


今年の出現ピークとなる今夜〜明日早朝は月明かりの影響がないため、天気さえ良ければ前後10年ほどの間で最高の観測条件となる。

■ふたご座流星群を「SOLiVE24」で生中継
24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」では、14日23時~25時(事前番組は22時〜)に特別番組を放送。この番組では全国6か所と北京から流星を生中継する。番組はスマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「SOLiVE24 Ch.」やテレビ(BS 910ch)、ウェザーニューズのPC向け特設ページ「ふたご座流星群2015」のほか、YouTubeやニコニコ生放送からも視聴できる。