店内にネコ関連の書籍を取り揃えたバー「ネコ文壇バー 月に吠える」が、12月18日、東京・新宿にオープンする。

ネコ文学が読めるバーがオープン
ネコ文学が読めるバーがオープン

同店は、“出版業界の活性化と若手物書きの支援”をコンセプトにしたバー「プチ文壇バー 月に吠える」(東京・新宿)の2号店。1号店のコンセプトを踏襲しつつ、店内に並べる本をネコ関連のタイトルに絞り込むことで、文学好きのみならずネコ好きにも訴求していくそうだ。

マスコットのネコ月子さん  “妖艶でデカダンな香り”を漂わせる
マスコットのネコ月子さん
“妖艶でデカダンな香り”を漂わせる

開店時には小説、マンガ、写真集など約200冊がラインナップされ、閲覧・貸し出しが可能。タイトルの一例は以下のとおり。

・「吾輩は猫である」/夏目漱石
・「100万回生きたねこ」/佐野洋子
・「猫町」/萩原朔太郎
・「ノラや」/内田百間
・「今日の猫村さん」/ほしよりこ
・「グーグーだって猫である」/大島弓子

また、「印税生活」「締切前夜」といった文壇バーならではのオリジナルカクテルやおつまみなども提供される(チャージ500円、ドリンク600円から)。

今後はネコにちなんだオリジナルメニューや、文学だけでなくネコ関連のイベント、「ネコ文学賞」の開催などを予定。なお店内に本物のネコはいないそうだ。

店舗所在地は東京都新宿区新宿3-6-11 第1玉屋ビル3階A号室。営業時間は19時~24時(日祝定休)。カウンター・テーブル合わせて20席。

ただいま準備中…  カフェのような雰囲気だそう
ただいま準備中…
カフェのような雰囲気だそう