ウェザーニューズは、2015年12月25日から2016年1月3日までを対象とした「年末年始の天気」を発表した。寒気がピークとなる27日は北日本や北陸全域で大荒れになり、交通機関に影響が出る恐れがあるとしている。

ウェザーニューズが「年末年始の天気」を発表  クリスマス後に寒波が襲来し、寒気のピークは12月27日としている
ウェザーニューズが「年末年始の天気」を発表
クリスマス後に寒波が襲来し、寒気のピークは12月27日としている

■年末年始の天気(12月25日〜1月3日)
◆クリスマス後に寒波襲来
年末年始は冬型の気圧配置の日が多く、北日本の日本海側を中心に雪が降る見込み。寒気のピークは27日で、北日本の日本海側〜北陸では大雪・吹雪となり、交通機関に影響が出る恐れがある。また、北日本の太平洋側でも強い風に注意が必要。今週末に帰省を予定している場合は、こまめに最新情報を確認されたい。


北日本や北陸だけでなく、近畿北部や山陰の平地でも積雪し、名古屋市など濃尾平野や京阪神でも雨に雪が混じる可能性がある。関東など太平洋側は晴れるところが多いが、厳しい寒さとなる見込み。

28日以降は寒気のピークを過ぎて寒さが少し緩むが、北日本の日本海側は雪の降りやすい日が続く。一方、北〜西日本の太平洋側は正月三が日にかけて晴れるところが多く、初詣にも良い天気となりそう。

◆初日の出は太平洋側で期待大!
元旦は太平洋側の広範囲で初日の出を見ることができそう。一方、北陸以北の日本海側では雪や雨が降り、初日の出には厳しい天気になる見込み。山陰や九州北部も雲が多い空になるが、雲の切れ間から初日の出が見えるチャンスがありそう。

太平洋側の広範囲で初日の出を見ることができる?
太平洋側の広範囲で初日の出を見ることができる?

なお、今回発表された予報は、12月22日時点での情報を元にしたもの。最新の情報については、スマートフォン向けアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「おしらせ」、PC向けサイト「ウェザーニュース」の「年末年始の天気Ch.」を参照されたい。

■年末年始の天気 〜エリア別〜
◆北海道―今週末は冬の嵐、帰省は交通機関への影響に注意

年末年始は冬型の気圧配置の日が多く、日本海側を中心に雪が降る。27日はこの期間で一番強い寒気が流れ込み、日本海側では大雪や吹雪、太平洋側では風が吹き荒れ、交通機関に影響が出る恐れがある。帰省などで移動する場合はこまめに最新情報を確認されたい。

28日以降も日本海側ほど雪の降りやすい空だが、27日のような大荒れにはならず、太平洋側では初日の出が見えそう。

◆東北―今週末は冬の嵐、帰省は交通機関への影響に注意
年末年始は冬型の気圧配置の日が多く、日本海側を中心に雪が降る。27日はこの期間で一番強い寒気が流れ込み、日本海側では大雪や吹雪、太平洋側では風が吹き荒れ、交通機関に影響が出る恐れがある。帰省などで移動する場合はこまめに最新情報を確認されたい。

28日以降も日本海側ほど雪の降りやすい空だが、寒気のピークを過ぎ、東北南部では雪ではなく、雨の降る日も。27日のような大荒れにはならず、太平洋側では初日の出が見えそう。

◆北陸―今週末は平野部でも積雪、帰省は交通機関への影響に注意
年末年始は冬型の気圧配置の日が多く、冷たい雨や雪が降る。27日はこの期間で一番強い寒気が流れ込み、平野部でも積もるほど雪が降り、山沿いでは大雪になる見込み。風も強く、吹雪で視界が悪化することもあり、交通機関に影響が出る恐れがある。帰省などで移動する場合は、こまめに最新情報を確認されたい。

28日以降は寒気が弱まり、平野部では雨になる日もある。

◆関東・甲信―晴れる日が多い年末年始!元旦は初日の出に期待
関東や山梨県、長野県の中部〜南部では、年末年始は冬型の気圧配置で晴れる日が多く、元旦は初日の出が期待できそう。この期間で最も寒気が強まる今週末は気温が下がり、厳しい寒さになる。大晦日〜年明けは冬晴れとなり、三が日は初詣に良い天気となりそう。

ただし、長野県北部や関東北部の山沿いは寒気が強まる27日を中心に大雪となり、長野市でも雪が降る可能性がある。

◆東海―年末年始の寒気のピークは今週末!名古屋市で雨に雪混じる可能性も
年末年始は冬型の気圧配置で晴れる日が多くなるものの、今週末は強い寒気の影響で岐阜県の飛騨地方では雪が降り、名古屋市など濃尾平野でも冷たい雨に雪が混じる可能性がある。交通機関への影響はあまり心配ないが、寒さが厳しくなるので、体調管理に注意が必要。

大晦日以降は晴れる日が多く、三が日は初日の出や初詣に良い天気になりそう。

◆近畿―年末年始の寒気のピークは今週末!京阪神で雨に雪混じる可能性も
年末年始は冬型の気圧配置で晴れる日が多くなるものの、今週末は強い寒気の影響で近畿北部では平地でも雪が降り、積雪の可能性がある。また、京阪神でも冷たい雨に雪が混じる可能性がある。交通機関への影響はあまり心配はないが、寒さが厳しくなるので、体調管理に注意が必要。

28日以降は北部の雪は次第に雨に変わるので、路面状況の悪化に注意が必要。一方、中部や南部では大晦日以降も晴れる日が多く、三が日は初日の出や初詣に良い天気になりそう。

◆中国―年末年始の寒気のピークは今週末!山陰は平地でも雪、山陽も厳しい寒さに
年末年始は冬型の気圧配置となり、山陰では冷たい雨や雪の降る日が多くなる。今週末はこの期間で一番寒気が強まり、中国山地だけでなく、山陰の平地でも雪が降り、積雪の可能性がある。特に27日は山陽にも雲が流れ込み、一時的に雨や雪が降るところがありそう。

28日以降は寒気のピークを過ぎ、雪が次第に雨に変わるので、山陰では路面状況の悪化に注意が必要。山陽は晴れる日が多い年末年始になり、三が日も初日の出や初詣に良い天気になりそう。

◆四国―年末年始の寒気のピークは今週末、山では雪の可能性も
年末年始は冬型の気圧配置になり、太平洋側ほど晴れるところが多くなる。今週末はこの期間で一番寒気が強まり、四国山地では雪が降って積雪しそう。特に27日は瀬戸内の平地にも雲が流れ込みやすく、一時的に雨や雪が降るところがありそう。

28日以降は寒気のピークを過ぎ、少し寒さが緩む。大晦日以降はお出かけ日和が多く、三が日は初日の出や初詣に良い天気になりそう。

◆九州―年末年始の寒気のピークは今週末、山では雪舞う可能性も
年末年始は冬型の気圧配置になり、北部は雲の多い空となるが、南部では晴れるところが多くなる。今週末はこの期間で一番寒気が強まり、九州山地では雪が舞う可能性がある。

28日以降は寒気のピークを過ぎ、少し寒さが緩む。大晦日〜三が日は初詣などのお出かけに良い天気となりそう。元旦は雲の少ない南部ほど初日の出を見られるチャンスが高く、北部でも雲の切れ間から見られる可能性がありそう。

◆南西諸島―年越しの頃には天気回復、雨が上がれば過ごしやすい年末年始に
来週初めまでは曇りや雨の日が多く、28日は一時的に雨が強まる可能性もある。その後もすっきりしない天気の日が続くが、年末には雨が降りにくくなる。

大晦日〜三が日は雲が多いながらも穏やかな空になり、元旦は雲の切れ間から初日の出が見える可能性がある。強い寒気の影響で27日頃は冷たい風が吹き、厳しい寒さとなるが、その後、気温は平年並みから平年より高めとなり、日差しが届くと過ごしやすくなりそう。