ピピピピピ…
ピピピピピ…

朝、鳴り響くアラームを止めて再び眠りに落ちる。スヌーズ機能で10分後に起こされ、止めて眠りに落ちる…そんな攻防を何度か繰り返しながら、やっと起きると何だかぐったりしている。朝が苦手な人なら誰しも経験したことがあるだろう。

5分や10分二度寝をしたところで意味がないのは分かっていても、一発で起きる自信がない。そんな人にとって、恐らく今までで一番画期的な目覚まし時計が開発された。

「Ruggie」は、モーションセンサーとスピーカーが内蔵されたマット型の目覚まし時計。マットから鳴り響くアラーム音を止めるには、最低でもマットの上に3秒間立っていなければならない。
 
ちょっと押すだけでは止まらない
ちょっと押すだけでは止まらない

しっかり3秒立とう
しっかり3秒立とう

Ruggie開発チームの1人であるWinson Tam氏は自らも寝坊の常習犯であり、朝起きるのが苦手な人たちのために「より簡単にベッドから起き上がれる方法」を模索したのだそう。Ruggieにスヌーズ機能がないことからも、商品への自信が伝わってくる。

なお3秒じゃ不安だ、という人のために止めるまでの時間は自由に設定できる。またアラーム音もプリセットされたもの以外に好きな音楽を取り込めるため、アラームを止めた後自分への激励メッセージを流すこともできるそうだ。柔らかで心地よい形状記憶パッドと併せて、“朝を前向きに迎えられる”と効果を謳う。

マットの中から
マットの中から

コントロールボタンを引き出して設定する
コントロールボタンを引き出して設定する

“信じられないほど心地よい”マットだそう
“信じられないほど心地よい”マットだそう

そのほかに足でマットに軽く触れるとLEDで時刻を表示するといったオシャレな機能も備えている。これは夜にフットライトとしても役立つとか。

Ruggieは現在、クラウドファンディングサイト「kickstarter」で商品化に向け出資者を募集中。既に目標額を大幅に上回る資金を調達しており、素晴らしい朝の一歩が踏み出せる日も近そうだ。なお商品を特別価格で入手できるプランも残っており、申し込むと2016年9月に手に入る。

ちなみに朝起きるのが大の苦手だという筆者の友人は、布団から離れたところに目覚ましを置いても無意識に止めて戻ってまた寝てしまうそうだ。一度対決させてみたい気もする。