東芝ライフスタイルから、集めたゴミを自動で充電台に蓄積するスマートロボットクリーナー「TORNEO ROBO(トルネオ ロボ)」(VC-RVS2)が2月上旬に発売される。価格はオープン。

ゴミ捨ては月1回!?
ゴミ捨ては月1回!?

この商品は、新開発の充電台「ダストステーション」を採用したロボットクリーナー。ダストステーションにはサイクロン式クリーナーで使用される12気筒の機構が搭載されており、クリーナーが集めたゴミを自動で吸引してくれる。

微細なゴミまで99%以上遠心分離するそう
微細なゴミまで99%以上遠心分離するそう

集まったゴミは1/5に圧縮され、約1か月分を収容可能。さらに側面部には、フロアワイパーやハンディモップで集めたゴミを吸引する「ダストポケット」も設置されている。

ちょっとしたお掃除にも便利な「ダストポケット」
ちょっとしたお掃除にも便利な「ダストポケット」

クリーナー本体には新設計の吸引ファンモーターを搭載。回転数は毎分最大約1万4,000回転、吸引風量は同社従来比約1.5倍に向上したそう。そのほか壁際や隅のゴミをかきとる「Wサイドアームブラシ」、進行方向の障害物を検知する「超音波センサー」なども備える。曜日ごとのタイマー予約も可能。

一度にたくさんのゴミを取る「Wサイドアームブラシ」
一度にたくさんのゴミを取る「Wサイドアームブラシ」

超音波センサーが家具やガラスを検知
超音波センサーが家具やガラスを検知

クリーナー本体のサイズはW350×D350×高さ87mm、重さ3.4kg。カラーバリエーションは「グランホワイト」と「グランレッド」の2色。なおクリーナー単体でも販売される。

カラーバリエーション
カラーバリエーション