そわそわ
そわそわ

一般財団法人 日本気象協会は、日本全国48地点の桜(ソメイヨシノ)の第1回開花予想を発表した。2016年は、九州・四国地方と東北地方を除きほぼ平年並みとしている。

九州や四国では、花芽が目覚めるための“休眠打破”の遅れが影響し、平年より遅くなる見込み。一方、東北は開花に影響する時期の気温が平年並みか高いことから、平年より早くなる所があるそうだ。

桜前線は3月25日頃に福岡、熊本をスタート。3月末までに近畿・東海・関東南部の桜も咲き始めるとのこと。主な都市の開花日は、福岡と熊本で3月25日頃、大阪は3月29日頃、名古屋と東京は3月26日頃、仙台は4月9日頃と予想している。

「2016年桜開花予想」(2月3日発表)
「2016年桜開花予想」(2月3日発表)

東京のつぼみはまだ固い
東京のつぼみはまだ固い

なお日本気象協会による開花予想は今年で10年目。今年は初の取り組みとして、「日本三大桜」と呼ばれる福島県の「三春滝桜(みはるたきざくら)」、山梨県の「山高神代桜(やまたかじんだいさくら)」、岐阜県の「根尾谷 淡墨桜(ねおだに うすずみざくら)」の開花予想も発表していくそうだ。

「日本三大桜」特集イメージ  観光の参考に
「日本三大桜」特集イメージ
観光の参考に

今回発表された情報は、2016年2月3日時点の予測資料に基づいたもの。各地の最新気象情報は、日本気象協会の天気予報専門サイト「tenki.jp」などを確認のこと。