「ねこ」とは、長野県南木曽(なぎそ)町発祥の防寒具。冷える背中だけをあたためる形をしている。「ねこ」という名前の由来には、「ねんねこ半纏から」「猫みたいに温かいから」など、諸説あるようだ。

参考画像:長野県南木曽(なぎそ)町発祥の防寒具「ねこ」
参考画像:長野県南木曽(なぎそ)町発祥の防寒具「ねこ」

フェリシモ猫部の「フード付きあったかおうちねこ〈ショート〉」は、猫っぽいルックスを持つ「ねこ」。「ねこが猫になっていたら、おもしろいよね」という発想(妄想?)から生まれた。

猫っぽいルックスを持つ「ねこ」、「おうちねこショート」
猫っぽいルックスを持つ「ねこ」、「おうちねこショート」

猫の両手を肩にかけて背負う仕組み。防寒具「ねこ」同様、背中を暖めてくれるだけでなく、袖がないので作業をしても邪魔にならない。

袖がないので、作業をしても邪魔にならない
袖がないので、作業をしても邪魔にならない

冷えが気になる首もとと腰には、カイロを入れられるポケットが付属。着用した人を暖めてくれる。さらに寒い日はフードをかぶって首もとを暖めることも。


暖かさとはあまり関係はないが、足の裏には肉球もついており、猫気分を盛り上げてくれる(?)。

肉球、見えます?
肉球、見えます?

「ミルクティー色のアビシニアン」「スモーキーカラーのロシアンブルー」「しましまマンチカン」「白猫のペルシャ」「黒猫のボンベイ」の5種展開。購入方法や価格について詳細は、フェリシモ猫部のWebサイトを参照されたい。

しっぽもついてます
しっぽもついてます