鼻うがいのイメージが変わりました
鼻うがいのイメージが変わりました

今年も花粉が舞う季節。筆者には水道水を直接吸いこんで“鼻うがい”をするというワイルドな知人がいますが(これは浸透圧の関係で非常に痛いです)、確かにこの時期は眼球と鼻を取り外してゴシゴシ洗いたい衝動に駆られますよね。

そこでドラッグストアに行って花粉グッズを物色していたところ、面白そうなアイテムを発見。早速試してみることにしました。

今回ご紹介するのは小林製薬の鼻用洗浄器「ハナノア シャワータイプ」。「ハナノア」シリーズから昨秋発売されたもので、従来より簡単に鼻うがいができるとか。

これまでと何が違うの?
これまでと何が違うの?

箱の中には専用洗浄液と洗浄器具(シャワーボトル)が入っているので、1回分の洗浄液をシャワーボトルに注いでノズルを装着します。

洗浄液はヒトの体液濃度に近い処方だそう
洗浄液はヒトの体液濃度に近い処方だそう

両鼻分で50ml
両鼻分で50ml

少し下向きになってボトルの先端を鼻の穴に差しこみ、そのまま「あー」と言いながらボトルを押すと…

「あーーーーーー」
「あーーーーーー」

もう片方の鼻の穴から水が!!

ぴゃーっ…
ぴゃーっ…

洗浄後はほのかなミントの香りが鼻の奥まで広がって、スッキリ爽快。しかも、全く痛くない!

これまでの鼻うがいは鼻から入れて口から出すタイプが多かったのですが、こちらは下を向いてシャワー状に流し込むことでもう一方の鼻から出てくるのだそう(やり方によって口からもちょっと出ます)。今まで口から出すのに抵抗があったのですが、これは画期的。さらに、鼻から出てくる様子がシュールで笑いが止まらなくなります

脳内に「鼻から牛乳~」が流れる
脳内に「鼻から牛乳~」が流れる

ハナノア シャワータイプの希望小売価格は1,000円(300ml入り)。鼻の奥に潜む花粉をしっかり洗って、少しでも快適に乗り切りましょう!