(C)& TM Lucasfilm Ltd.
(C)& TM Lucasfilm Ltd.

昨年12月に公開された映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』。この作品中ではシリーズで(ほぼ)初めて、「ストームトルーパー」が赤い血の流れる人間として描かれました。中でも脱走兵フィンは主人公レイと行動を共にする、物語の主要人物の1人に。幼い頃から兵士として訓練を受けたことなども明かされ、「ストームトルーパー」に対して初めて人間らしさを感じた人も多いのではないでしょうか?

その「ストームトルーパー」をモチーフにした「ストームトルーパー兜飾り」が、今年も人形の「吉徳」から販売開始されています。

「ストームトルーパー」をモチーフにした「ストームトルーパー兜飾り」  (C)& TM Lucasfilm Ltd.
「ストームトルーパー」をモチーフにした「ストームトルーパー兜飾り」
(C)& TM Lucasfilm Ltd.

「ストームトルーパー」をモチーフにした兜飾りは、従来はスター・ウォーズマニア向けの商品という色彩を強く持っていました。でも、『フォースの覚醒』公開により、「ストームトルーパー」自体が、そのマスクの下に様々な表情と個性を持った“兵士”としての存在感を高め、それに伴い、兜飾りも子どもの成長を願う親の気持ちに応えるものとしての側面も高めたのではないかと感じます。

「ストームトルーパー」自体の評価が今後どうなっていくかは、次作以降でのフィンの活躍に期待するとして、「ストームトルーパー兜飾り」は兜飾りとしては“一味違う”ものと高く評価されています。評価ポイントのひとつが、“白”という色の使用。「吉徳」のWebサイトによれば、「ストームトルーパーの基本色である白色は、伝統的な五月人形飾りの甲冑としてはきわめて稀な色彩」であり、白を使用すること自体が大きな挑戦だったのだとか。

この“白”に吉徳の職人の技術が!  (C)& TM Lucasfilm Ltd.
この“白”に吉徳の職人の技術が!
(C)& TM Lucasfilm Ltd.

兜飾りの後ろに設置される屏風はオリジナルの描き起こし。タイ・ファイターやデス・スターが描かれ、スター・ウォーズの世界観を表現しています。

タイ・ファイターやデス・スターの描かれた屏風  それだけで、少しワクワク?  (C)& TM Lucasfilm Ltd.
タイ・ファイターやデス・スターの描かれた屏風
それだけで、少しワクワク?
(C)& TM Lucasfilm Ltd.

「吉徳」では現在、「ストームトルーパー兜飾り」の予約を受け付け中。受付期間は4月5日までで、価格は19万4,400円(税込)となっています。

人気の「ダース・ベイダー鎧飾り」「ダース・ベイダー兜飾り」「ダース・ベイダー武者人形」も、現在予約を受け付けています。価格や予約方法などについて詳細は、「吉徳」のWebサイトを参照してください。

(C)& TM Lucasfilm Ltd.
(C)& TM Lucasfilm Ltd.