出張の多い人にとっての悩みは、宿泊先のホテルなどでのPC作業。ノートPCの小さなディスプレイでの作業に、イライラしたことがある人も多いのではないだろうか?スマートフォンやタブレットで報告書を作成するときなどには、さらにイライラが募ることだろう。

Aroviaの開発した「Spontaneous Pop-Up Display(SPUD)」は、このイライラを解決してくれるディスプレイ。移動先で大画面を利用可能にしてくれる。


「SPUD」の折り畳み時のサイズはApple TVとほぼ同じで、ジーンズの後ろポケットになんとかねじ込めるサイズだ。だがこれをポップアップさせると24インチサイズの大型ディスプレイとなる。


オフィスソフトを複数開き、表計算ソフトで作成したグラフをワープロソフトの文章中に貼り込む、といった作業にはノートPCの小さなディスプレイは不向きだ。そのようなときに、「SPUD」はビジネスパーソンを助けてくれるだろう。


また、「SPUD」は自宅にディスプレイを置かず、スッキリとした“リュクス”な部屋を維持したい人にもぴったり。普段はタブレットのみを使用し、必要に応じて「SPUD」とBluetoothキーボードを取り出せば、それなりに本格的な作業が可能となる。


ノートPCやタブレット、それにスマートフォンなどとの接続は無線またはHDMIケーブル経由となる。バッテリー駆動で、1回の充電で4時間の使用が可能。


Aroviaは現在、公式Webサイトで利用者のサインアップを受付中。登録すると、SPUDの販売開始時に通知を受け取れる。価格はモデルにより300ドルから500ドルとなる予定。