爽やかな春の朝にはレモン
爽やかな春の朝にはレモン

スーパーに黄色く色づいた国産レモンが出回る季節。国産品は防ばい剤(防カビ剤)を使用していないものが多く、皮まで安心して食べられます。夏場にはほとんど手に入らなくなるので、今のうちにとことん楽しみたいところ。

見てるだけでヨダレが…
見てるだけでヨダレが…

そこで今回は、筆者がよく作るレモンレシピ2品をご紹介します(“作る”といってもものすごく簡単です)。なおレモンはできれば無農薬のものが良いですが、手に入らない場合はよく洗うか皮を使わなくても大丈夫です!

レモン2個でこれだけ作れます
レモン2個でこれだけ作れます

◆イギリスのお母さんの味「レモンカード」

ジャム売り場などで見かける黄色いバタークリーム「レモンカード」。レモンパイなどに使われるイギリスの伝統料理で、イギリスでは家庭ごとの味があるといいます。そう、レモンカードは自宅で簡単に作れるのです。

材料(約140ml分)は、レモン1個、バター25g、砂糖30g、玉子1個。筆者は酸味が好きなので甘さ控えめの分量です。お好みで調整してください。

食べきりやすい分量です
食べきりやすい分量です

使うビンは煮沸消毒してよく乾かしておきます。お湯は取っておいて湯せんで使うと良いですよ。

しっかり殺菌!
しっかり殺菌!

レモンの皮をすりおろし、半分に切って果汁を搾ります。皮は表面の黄色い部分だけおろして、白い薄皮はなるべく入れないように。また、果汁からは種を取り除いておきましょう。

包丁で細かく刻んでも大丈夫です
包丁で細かく刻んでも大丈夫です

種は取り除きます
種は取り除きます

ボールに玉子をときほぐし、砂糖とレモン果汁を入れてよく混ぜます。

カラザは取り出して
カラザは取り出して

フライパンにお湯を入れてボールを湯せんにかけ、さいの目状に切ったバターを加えてゆっくり混ぜ続けます。

お湯を沸騰させないように!
お湯を沸騰させないように!

バターは小さく切っておくと溶けやすい
バターは小さく切っておくと溶けやすい

しばらくするととろみが出てくるので、レモンの皮を投入してさらに混ぜます。もったりと重くなったら完成。粗熱を取ってからビンに入れて、冷蔵庫で保存します。1週間ぐらいで食べきってください。

本当に固まるのかな、と不安になってきた頃にとろっとしてきます
本当に固まるのかな、と不安になってきた頃にとろっとしてきます

甘酸っぱいカスタードクリームのような味わい
甘酸っぱいカスタードクリームのような味わい

作りたてはレモンの香りが贅沢に感じられて、そのままひとビン食べきれそうなくらいおいしいです!トーストやクラッカーのトッピングやお菓子作りまで、合いそうなものには何にでも使ってみてください。

◆アレンジ色々♪「はちみつレモン」

続いては「はちみつレモン」。スポーツの差し入れといえばこれですよね。筆者には甘酸っぱい青春の思い出はありませんが、昔バイト先で大量に仕込んでいました。

要はレモンのはちみつ漬けなので、材料を一緒に浸しておくだけ。レモンはなるべく薄くスライスし、種を取って煮沸消毒したビンに入れ、はちみつを適量注ぎます。数回に分けて交互に入れていくと浸かりやすいかと。毎日1回ゆすったりひっくり返したりしながら、翌日~1週間食べられます。

種はフォークなどでつつくと簡単に取れます
種はフォークなどでつつくと簡単に取れます

レモンとはちみつを交互に
レモンとはちみつを交互に

はちみつレモンは、レモンカードと同じくとにかく豊富なアレンジが楽しめます。もちろんそのまま食べても大丈夫。

お湯や炭酸水で割ってレモネードに

炭酸水や水で割る場合は予め少量のお湯でといておくと混ざりやすい
炭酸水や水で割る場合は予め少量のお湯でといておくと混ざりやすい

ヨーグルトやアイスクリームに

甘さ控えめで朝食にピッタリ
甘さ控えめで朝食にピッタリ

クリームチーズを塗ったトーストにのせてハニーレモントーストに

チーズの代わりにバターでも
チーズの代わりにバターでも

ビタミンCたっぷりのレモンは、朝から取りいれれば目覚めはもちろん美容効果も期待できそう。休みの日に作っておけば、次の一週間のモチベーションになるかも?