最近では、スマートフォンで写真を撮影するため、デジタルカメラを所有していないという人も増えた。だがそんな人でも、ビデオカメラは所有していることが多い。ビデオカメラには光学式の強力なスタビライザーが付属しており、手ブレの少ない、安定した動画が撮影できるからだ。

「Smoovie」は、動画撮影時の手ブレを減らしてくれるスマートフォン用のスタビライザー。ビデオカメラほどではないが、歩きながら撮影しても比較的安定した動画の撮影が可能になる。

スマートフォン用スタビライザー「Smoovie」
スマートフォン用スタビライザー「Smoovie」

その最大の特徴は、従来のスタビライザーよりも小型&軽量なこと。折り畳み時のサイズは19×4×3.5センチで、重さは125グラム。ポケットに入れてどこにでも持ち運ぶことが可能だ。大型のスタビライザーを使用しながら撮影をしていると、他の人からの好奇の目を浴びることになるが、「Smoovie」であればそのようなこともないだろう。

「Smoovie」はポケットに入れて持ち歩ける
「Smoovie」はポケットに入れて持ち歩ける

スマートフォンに取り付け
スマートフォンに取り付け

バランサーを伸ばせば、使用可能に!
バランサーを伸ばせば、使用可能に!

2つ目の特徴は、一般的なスタビライザーよりも取り付けが簡単なこと。自撮り棒感覚で、スマートフォンを取り付けられる。これなら、チャンスを逃すことなく、撮影を開始できるはず。

取り付け&撮影は、自撮り棒感覚?
取り付け&撮影は、自撮り棒感覚?

スタビライザーの心臓部であるジンバルには、永久磁石の中でもっとも強力なネオジムマグネット2つを活用。シンプルでありながら、歩きながらの撮影で発生するブレを減少させ、安定しだ動画撮影を可能にしている。このマグネットを使ったジンバルは、スマートフォンが一般的なビデオカメラに比べて、小型かつ軽量であることで採用できたそうだ。

ジンバルは、ネオジムマグネット2つを活用している
ジンバルは、ネオジムマグネット2つを活用している

開発元の英国Smoovieは、「Smoovie」が高価なプロ仕様の機器ほどの効果はないと認めている。だがその一方で、これほど安価でありながら、持ち運びしやすく、操作しやすい上に、ある程度の効果が認められるデバイスも他にないと主張している。

販売価格は19.99英ポンド(約3,090円)。確かに、スタビライザーとしては破格の安さだ。

Smoovieは現在、「Smoovie」の市販化に向けて、クラウドファンディングサイトkickstarterで出資者募集のキャンペーンを実施中。本稿執筆時点では、11英ポンドの出資で「Smoovie」を1台入手可能だ。日本への配送にも対応している。発送は2016年6月頃の予定。

夏休み前に、届くかな?
夏休み前に、届くかな?

Smoovieは、「Smoovie」を使用して撮影した動画のサンプルをYouTubeで公開している。その効果を確認したい方は、参照されたい。


スマートフォン用スタビライザー「Smoovie」利用例