「RippleBuds」は世界最小のBluetoothヘッドセット。耳の中に入る小さなボディ内には、ノイズキャンセル機構付きのイヤホンと、マイクの機能が詰め込まれている。

世界最小のBluetoothヘッドセット「RippleBuds」
世界最小のBluetoothヘッドセット「RippleBuds」

小さなボディには、ノイズキャンセル機構付きのイヤホンとマイクが
小さなボディには、ノイズキャンセル機構付きのイヤホンとマイクが

ノイズキャンセル機構付きイヤホンは、もはやまったく珍しくない存在。だが、ワイヤレスで耳の中に収まるサイズとなれば、他に類を見ないのではないか?いずれにせよこの機能があれば、電車や飛行機のノイズに悩まされることなく、音楽を楽しんだり、静かな環境でぐっすり眠ったりできるだろう。

電車や飛行機のノイズをカットしてくれる
電車や飛行機のノイズをカットしてくれる

「RippleBuds」の最大の売りは、マイクが内蔵されていること。耳管や鼓膜を通じて伝達した声を内蔵マイクで拾うことができる。これにより、スマートフォンをカバンやポケットに入れたまま、ハンズフリーでの会話が可能だ。

声は耳管や鼓膜を通じてマイクに伝達される
声は耳管や鼓膜を通じてマイクに伝達される

完全ハンズフリーでの会話が可能に  (注:日本では、携帯電話で通話をしながらの自転車走行は禁止されています)
完全ハンズフリーでの会話が可能に
(注:日本では、携帯電話で通話をしながらの自転車走行は禁止されています)

同じことは、耳掛けタイプのヘッドセットでも可能だ。だがそれらの重さは6.5~15グラム程度。これに対して、「RippleBuds」の重さは4.5グラムとかなり軽い。長時間装着していても疲れることは少ないだろう。

このサイズに、ハンズフリーヘッドセットの機能が
このサイズに、ハンズフリーヘッドセットの機能が

充電には専用のカプセルを使用する。カプセルには、Micro USBコネクタが付いており、USBケーブル経由でスマートフォン用充電器やPCなどと接続して充電が可能だ。1回の充電で約5時間使用できる。

充電用カプセル
充電用カプセル

開発元のTeam RippleBudsは現在、「RippleBuds」の市販化に向けてクラウドファンディングサイトkickstarterで出資者募集のキャンペーンを実施中。本稿執筆時点では、119ドルの出資でステレオ版「RippleBuds(2個セット)」と充電用カプセルを入手可能だ。キャンペーン終了後の市販価格は179ドルを予定している。

ここまで小さくなると、もはやスパイの7つ道具のように見えてくる。余計なお世話だが、技術が進化する度に『007』などを含むスパイ映画は、制作が難しくなるのではないか?と同情してしまう。「RippleBuds」は、そんな気持ちにさえさせるヘッドセットだ。

「あ、ボンド?わたし!タチアナ  オリエント急行のチケット、取れたよ!  イスタンブール、行こうよ!」
「あ、ボンド?わたし!タチアナ
オリエント急行のチケット、取れたよ!
イスタンブール、行こうよ!」