メモスペースが極端にせまい「猫のひたい 付箋メモ」

「猫のひたい 付箋メモ」がラナから販売開始された。狭い場所であることを示すことわざ「猫のひたい」を商品化したもの。

狭い場所であることを示すことわざ「猫のひたい」を商品化した「猫のひたい 付箋メモ」
犬の額だって、そこそこ狭いと思うニャ

特徴はメモスペースが狭いこと。付箋面積の大半は“メモ領域”ではなく、かわいい“ネコ領域”で占められている。だが一般的な付箋よりも目立つので見過ごされにくく、伝言が確実に相手に伝わる(?)という大きなメリットを持っている。

「猫のひたい 付箋メモ」で、伝言を伝えるテクニック その1
「お疲れ!」って想い、伝わったかニャ?

メモスペースが狭いため、様々な工夫が必要となる。少ない文字数でうまく伝言をまとめたり、小さな文字で書き込んだりなど、Twitterが登場した当初の利用者の様々な工夫を思いださせる付箋だ。

「猫のひたい 付箋メモ」で、伝言を伝えるテクニック2 細かい文字で
細かい文字でたくさん書いてみたニャ

「猫のひたい 付箋メモ」で、伝言を伝えるテクニック3
メモ領域以外にも書きこんでみたニャ
かたつむりみたいニャ

「猫のひたい 付箋メモ」で、伝言を伝えるテクニック4
A「明日」D「代休」I「頂きます」
DAI語ニャ

種類は「マディ」と「ぺぺ」の2種類で価格はそれぞれ600円(税別)。全国バラエティショップで購入できる。

「猫のひたい 付箋メモ」で、伝言を伝えるテクニック5
ニャ?