「たまあん」の「ねこ耳どらやき」

14種類の厳選された素材を使用し、“ケーキ感覚”で食べられると人気の「たまあん」の手焼きどらやき。そのたまあんが博多マルイに7月6日から期間限定で出店。うわさの「ねこ耳どらやき」が食べられる。

「たまあん」店舗販売メニューの一例
参考画像:「たまあん」の人気メニュー「博多・くりぼう(生たまどら モンブラン)」
まさに、ケーキ感覚!
(注:このメニューは期間限定ショップでは取り扱いがない可能性があります)

「ねこ耳どらやき」と呼ばれているのは、たまあんの「たまどら」「生たまどら」シリーズ。どらやきの中に少しでもたくさんあんこを入れようと工夫した結果、ネコ耳形にたどり着いたという。なお、「たまあん」という店名の由来となっているのは、同店近郊に暮らす地域猫、たまちゃんだそうだ。

「たまあん」モデルのたまちゃん
たまちゃん+あんこで「たまあん」!
(たまちゃんの画像は、たまあん公式サイトから)

今回販売されるのは、たまどらシリーズでは「だいにゃごんバター」、生たまどらシリーズでは「博多・あんにゃん」など。「だいにゃごんバター」では、北海道産大納言あずきに、宮崎産の加塩バターを追加してある。

たまあん博多マルイ販売メニュー例:だいにゃごんバター
「だいにゃごんバター」は、加塩バターがポイント!
バターの塩味が、あんこの甘味を引き立てる

「博多・あんにゃん」は、生クリームで作られた杏仁とミルクの組み合わせ。予想外のおいしさに驚く人も多いのだとか。

たまあん博多マルイ販売メニュー例:博多・あんにゃん
「博多・あんにゃん」には、ミルクと杏仁豆腐が!
ほんとに、少しでもたくさん具を入れたかったんだな、と思える形

出店期間は、7月6日から19日まで。その間、薬院の店舗はクローズされる。東京駅から新幹線に乗れば、わずか5時間で行ける博多。ネコ耳付きのどら焼きを見て興奮し、居ても立ってもいられなくなってしまった方は、今週末あたり日帰りで博多まで出かけてみてはいかがだろう?

「いくらネコ耳付きでも、そこまではちょっと…」という方には、通信販売がおススメ。購入方法などについて詳細は、たまあんの通販サイトを参照されたい。